昨晩のライヴ  

めずらしく、「お品書き(セットリストらしきもの)」と「今後の予定」を印刷して持って行ったら、入りがぎりぎりになっちゃいました。

んで、到着して、ライヴチャージを払うまもなく、出演者や常連さんの方々から、放射線についての質問が殺到して・・・・・飲み食いするまもなく、自分の出番になっちゃいましたf^^;

でも、まぁ、トップバッターの特権?で、自分の出番が終わったあとは、落ち着いて、他の方々の演奏・歌を、じっくりと堪能することができました。ジャンルは異なる方々ばかり(しかも、この日、出演者でピアノ弾きは私だけ。でも、終演後、お客さんとしていらしてた方の素敵なピアノ演奏も聞けました)ですが、やはり、気持ちのこもった生歌・生演奏ってのを間近で聴ける、ってのは、至福のひと時でありますね^^b

ちなみに、この日は、マスターご用達の食材仕入先が品薄になってる関係で、いつも頼んでる、冷奴をベースにしたサラダがこんな風になってました。

クリックすると元のサイズで表示します
豆腐の真ん中に書かれてる?文字に注目

普通の豆腐が品切れだったのでこうなったとのことですが、食材確保の苦労をこういった形でユーモアに変えるマスターのセンスに感激ですo^^o



というわけで「お品書き」では非常に曖昧にしかかいてなかった自分のセットリスト、正確で詳細なものを書いておきますね。

1.白猫のワルツ
「黒猫のタンゴ」を3拍子のイ短調(=白鍵がほとんど)にリアレンジしたもの。ラストでイ長調に転調させてみたら、カンツォーネ風にイタリアの陽気なねこさんになる・・・はずが、ちょっとりきみすぎちゃいましたf^^;

2.冬をモチーフにしたクラシックなど3曲リミックス
「エーデルワイス」で始まり、時折「スケーターズワルツ」を織り交ぜ、盛り上がってきたところで、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の New Year Concert で毎年アンコールである「ラデッキー行進曲」を3拍子にリアレンジしたものを挟んでみました。実は、演奏中、「スケーターズワルツ」のAメロを度忘れしてしまい、最後まで弾いてなかった、ということには誰も気づかなかった・・・・・はず??

ここで、箸休めタイム。バイエル50番程度でも弾けるジョークミュージックというわけで
「雪やこんこで焚き火だよ」(「雪」と「焚き火」のミックス)
「きらきら七夕」(「きらきら星」と「七夕」のミックス)
をMCの一環で演奏。いずれも左側の曲からはじまり、5小節目で右側の曲にチェンジ、その先8小節はそのまま行って、最後の4小節は元の曲に戻る、という、イメージトレーニングがなによりも重要になる曲です^^b

3.アニメソングのバラードアレンジ
あまりメジャーでないものを、しらっと弾くつもり、、、でしたが、結局、王道/流行モノ路線でいっちゃいました。初代マクロスから「愛・おぼえてますか」と、最新のマクロスFから「蒼のエーテル」。どちらも3拍子にリアレンジしてます。本当は、後半は、マクロスFの中でももうちょっと知名度が高い「ライオン」か「星間飛行」(=きらっ★の曲)へもってくつもりだったんですが、3拍子アレンジ版のイントロがとっさにでてこなかったので、この選曲になりました。つなぎの部分をやや長めに弾いてたので、もしかしたら気づかれてるかも?

ここで、時間が大幅にあまりそうだったので、急遽、1曲追加。アニメソングのバラードアレンジではありますが、知ってる人率0%であろうものをセレクトしたら、本当に0%でした。昨年秋、MX−TVで放映されたアニメ「迷い猫オーバーラン」のオープニング曲
「はっぴぃ★にゅう★にゃあ」です。たしか、星マークの部分は、本当は、猫の肉球マークだったはず。ピアノ1本でテンポを落として弾くと、なにげないBGMになっちゃいますが、本物は・・・・・インターネットのあちこちに、いろんなスタイルで動画とか音声とか落ちてるんで、気になる方は探してみてくださいな。ただし、拒絶反応をおこすだけならまだしも、自分みたいに中毒になっちゃっても、責任は持ちません^^;;

4.桜円舞曲:春をモチーフにした曲てんこもりミックス
もう何年も定番にしてるメドレーですが、時期的に「卒業バージョン」で構成しました。曲順は、「ひな祭り」「さくらさくら」「桜(独唱)」「卒業写真」「なごり雪」「制服(松田聖子さんのB面曲)」「花(滝廉太郎さん作曲のやつ)」です。

てなわけで、ピンチヒッターで急遽出番をいただいた割には、自分らしさてんこもりのステージができて、個人的には大満足でした。

あ、本当はやろうとおもってた曲で、うっかり「お品書き」に入れ忘れ、結局演奏しなかった曲もあったのは・・・・・・ここだけの秘密です^^;;



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ