2021/10/14

境界を越えるバス/旧国境編その1  バス

多分、このシリーズは、今回のを含めて3本だて?で収まる模様です^^;;

境界を越えるバス/旧国境編その1
相模・武蔵国境その1、横浜・横須賀市境

神奈川県でも、川崎市と横浜市の西の方1/3ぐらい?は、武蔵国でした。で、横浜市の残りと横須賀市・鎌倉市・逗子市以西が相模国です。今回は、旧国境だった尾根が海に落ちる地点なので、これまでと違って、川ではないです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
相模・武蔵国境を越える "文15"系統
追浜車庫発野島経由金沢文庫駅行

どこが国境なのか、というと、1枚目の画像でバスがさしかかろうとしている交差点のところ、2枚目の画像でバスの尻尾あたり、道路の舗装がちょっとだけ変わる境目です、、、って、判るかいっ!!^^;;

ぶっちゃけ、市境の標識もくそもない(!?)ので、ネット上の各種地図でアタリをつけ、現地の状況を見て詳細を確定させている状態です。

実のところ、この地点のすぐそばに「夕照橋」が架かっていて本土?と野島を結んでおり、このバスもこの橋を通って行くのですが、こちらは手前も向こうも横浜市で旧武蔵国です。

クリックすると元のサイズで表示します
夕照橋の全景と野島
クリックすると元のサイズで表示します
夕照橋を渡る"文15"系統のバス(見えにくい)

元々、野島は陸続きだったらしいのですが、繋がっていたのは夕照橋が架かっているのとは違う面?であった模様で、ここは昔から海だったらしいです。詳細情報は調べきっていません(開き直り?)。なので、本土側は大元は久良岐郡六浦荘村ですが、野島側は野島村→金沢村だったそうです。

京急バス追浜車庫への出入りは、他の系統がメインで、"文15"系統は平日が7往復/土休日が駅行7便・車庫行が8便だけです。運行時間帯は朝から夕刻にばらけてますが、偏りが激しいです。捕まえるのが大変です。

ちなみに、取材当日、関東地方の天候は晴れもしくは曇りでしたが、なぜか、取材現場の取材時間は、結構な雨模様、でした。傘は持っていなかったので、ずぶ濡れになりました...(泣)

続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ