2021/10/8

境界を越えるバス/都県境編その1++  バス

境界を越えるバス/都県境編その1++
東京都/神奈川県境大師橋とその界隈


twitterの方では報告していますが、大師橋を渡る路線バスの画像が、無事、前のパソコンのSSDから発掘できたので、こっちにも載せます。データの詳細を見てみると、2016/03/30に撮ったことになっています。

クリックすると元のサイズで表示します
大師橋を渡る"蒲45"系統 JFE前 行
クリックすると元のサイズで表示します
現在では無くなってしまっている「大師橋」停留所
クリックすると元のサイズで表示します
大師橋北詰の取り付け部分入口
クリックすると元のサイズで表示します
東京都と神奈川県の境界標識


やはり、行先表示器がLEDになってるので、綺麗に読めないですねぇ...
この辺りのクリアなものが見たいという方は、「りんたん」=川崎鶴見臨港バスのtwitter公式アカウントの中に、運行最終日(2020/01/15)、JFE前で折り返す時の風景が載っているので、興味のある方は見てやってください。直URLはこちら→ https://twitter.com/rinko_official/status/1217386786902511617

なぜ運行を担当していた京急バスではなくて臨港バスの方に載ってるのか、というと、折り返し地点の JFE前は、臨港バスの塩浜営業所の隣で、折り返しの際に場所を使わせてもらってたから、なのです。その昔は臨海バスとの共同運行で、川崎駅〜日本鋼管前〜大師橋〜蒲田駅という路線だった頃の名残り、ともいえます(日本鋼管は、2003年に川崎製鉄と合併して、JFEになっています)。もっとも日本鋼管前折り返しになって京急の単独運行になったのが1970(S45)年なので、かれこれ50年、同じ路線形態で走り続けてきたことになります。

廃止直前の段階のみならず、自分が撮影に行った時点ですら、平日のみ朝1往復/夕方1往復の運行でした。どうやって撮りに行ったんだろう?


大師橋とそこを渡るバス路線の歴史...



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ