2021/9/11

境界を越えるバス/関八州編(その1)  バス

前記事で予告した「新シリーズ」です。以前に似たようなシリーズを始めかかってポシャってるような気がしますが、心機一転、新シリーズです。

境界を越えるバス 関八州編(その1)
相模・伊豆国境 千歳橋

※類似シリーズを同時展開するかもしれないので、その時はご了承を^^;;

クリックすると元のサイズで表示します
県境の千歳橋を渡る東海バスA51系統熱海駅〜湯河原駅線
※系統番号の"A"は、熱海Atamiの"A"です。

小田原から伊豆下田を結ぶ国道135号線上の、神奈川県足柄下郡湯河原町と静岡県熱海市の境目の風景です。相模・伊豆の旧国境でもあり、すなわち、ここから先は関八州=概ね関東地方の外になります。

背景にある道路標識が読みにくいですが、近寄ってみると、こんな感じになっています。

クリックすると元のサイズで表示します


県境のロードサインと共に、ここで分岐する有料道路「熱海ビーチライン」への案内が提示されています。メインルートの国道135号線は、この先県境にふさわしく?、海沿いとはいえ段丘の上?中腹?を通るため、カーブや勾配がそこそこきつい道なので、初心者and/or週末ドライバーの方々にはビーチライン一択、、、いや、通行料金(6.1kmで470円)を鑑みると、そうは言いきれないところが悩ましい...

県境のロードサインの裏側は、こうなっています。
クリックすると元のサイズで表示します

どういうわけか、神奈川県/湯河原町を示す標識が見当たりません。見落としただけかなぁ?

肝心の橋の全景の写真を撮り忘れてたことに今更気づいています。この橋がかかる千歳川が神奈川/静岡の県境なのですが、ぶっちゃけ、その気になれば(平常時ならば)歩いて渡れる程度の川です。実際、鮎釣りの方々が川の中に入っていました。

しかも、(広義の)湯河原温泉郷は、この川=県境の両岸に跨っています。どうしてこうなったのか、調べてみた「調査報告書(もどき?)」を貼り付けて?おきます。

かなり長いです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ