2021/9/26

境界を越えるバス/都県境編その1  バス

毎回関東地方の外れまで行ってると何かと大変なので、少々近場のネタも混ぜつつ、シリーズを進める予定です。

境界を越えるバス/都県境編その1
東京都/神奈川県境六郷橋


箱根駅伝でもお馴染みのこの橋、渡る路線バスは"空51"系統の川崎駅〜羽田空港線がメインで、終日30分間隔で運転されています。空港連絡バスですが、六郷橋を東京都側に渡った後は、南六郷や元羽田などの昔からの住宅街を走ります。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
六郷橋を渡る"空51"系統羽田空港行


これ以外では、その枝線&区間運転といえる、"川76"森ケ崎線と"川77"羽田車庫出入庫便があり、前者は朝夕の限られた時間帯に6往復、後者は朝の出庫/夜の入庫で数便あるだけです。
実は"川76"系統がこれら路線の元祖で、空港連絡バスは後からできた上、開設当初は空港までノンストップだったのですが(その時代に乗った記憶はある。高速道路はつかってなかったと思う)、大田区内で各停になった後、森ケ崎線の本数が減らされていった、とか。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
都県境の標識と橋の全景

大きな橋なので、両岸ともバス停は遠いです。

なお、江戸時代までさかのぼると橋の両岸共に武蔵国であったため、都県境であるものの旧国境ではありません。その当時から荏原郡(現在の品川区・目黒区・大田区・世田谷区の東側)と橘樹郡(川崎市の大部分と横浜市の東部の辺り)の境目でした。現代でこそ川を渡れば東京23区ですが、江戸の街の入口である品川宿までは二里半の道のりでした。

今回は六郷橋の歴史などを

2021/9/17

境界を越えるバス/関八州編(その2)  バス

境界を越えるバス 関八州編(その2)
相模・伊豆国境 泉大橋


前回の「千歳橋」から千歳川を2kmほどさかのぼった地点です。
タイミングが悪く?、バスが川を渡っている瞬間は撮れていません...m(_ _)m

クリックすると元のサイズで表示します
橋の遠景
クリックすると元のサイズで表示します
橋の全容

下流の千歳橋と違って、この橋を通る道は、国道どころか県道ですらない模様。地図を見ると判るのですが、川の両岸を各々湯河原町道/熱海市道が走っていて、それを結ぶようにかかっています。熱海市泉地区から最寄りの市街地である湯河原町中心部方面へ行く主要ルートの1つです。

ここを通るバスは湯河原駅から熱海市泉地区の「ゆずり葉団地上」まで行く路線です。行き止まり路線で、終点から先熱海地の中心街方面は、静岡県道102号線が続いてはいますが、峠越えの険路になります。もちろん、バス路線は途切れています。路線が途切れてるのは2km程度で、山道とはいえ舗装されており、向こう側もほぼ1時間に1本程度熱海駅からバスが来ているので、実用性を損なわない?範囲で徒歩連絡できる??、といったところですが...(←「?」マークの数に留意。歩くのに慣れてる人なら楽勝ですが、普段ほとんど歩かない人だと無理かも)

「ゆずり葉団地上」から山を下りてきたバスは、まず千歳川の西岸をしばらく走り、左折して泉大橋を渡るや否や右折、その先に泉大橋のバス停があります。逆に湯河原駅から来たバスは、千歳川の東岸を走ってきて、左折して泉大橋を渡るや否や右折、その先が泉大橋の停留所です。

つまり、泉大橋の停留所は、どちら方向の路線も橋を渡った先に停留所があります。そして、この橋が県境なので、上りと下りで停留所が違う県にある、という面白い事態になっています。


クリックすると元のサイズで表示します
上流側(静岡県側)の停留所と泉大橋
クリックすると元のサイズで表示します
下流側(神奈川県側)の停留所と泉大橋

どちらの画像も、反対方向の停留所が映り込むように撮ったつもり、なんですが、解像度の関係でよく判らないことになっちゃってますねぇ...(汗)

ちなみに、この停留所に来るのは、こんなバスです。担当は箱根登山バス。同社の箱根地区以外の他の路線と同様、系統記号はついていません。コミュニティバスにありがちなサイズですが、市町村境どころか県境を越えるバスなので、コミュニティバス=公営バスにするにはハードル高めです。

クリックすると元のサイズで表示します
ゆずり葉団地上の折り返し場に進入する路線バス


1日の運転本数は、平日11往復/土休日10往復と、海岸線の国道を行く熱海駅〜湯河原駅の系統(全日7往復)よりも多いです。

以下、この地区のバス路線を、県境=旧国境と合わせて考察した「報告書」(もどき?)です。前回同様かなりの長文ですので、お時間のある時にでもどうぞ。

「伊豆」はどこから?、の考察でもあります。

2021/9/11

境界を越えるバス/関八州編(その1)  バス

前記事で予告した「新シリーズ」です。以前に似たようなシリーズを始めかかってポシャってるような気がしますが、心機一転、新シリーズです。

境界を越えるバス 関八州編(その1)
相模・伊豆国境 千歳橋

※類似シリーズを同時展開するかもしれないので、その時はご了承を^^;;

クリックすると元のサイズで表示します
県境の千歳橋を渡る東海バスA51系統熱海駅〜湯河原駅線
※系統番号の"A"は、熱海Atamiの"A"です。

小田原から伊豆下田を結ぶ国道135号線上の、神奈川県足柄下郡湯河原町と静岡県熱海市の境目の風景です。相模・伊豆の旧国境でもあり、すなわち、ここから先は関八州=概ね関東地方の外になります。

背景にある道路標識が読みにくいですが、近寄ってみると、こんな感じになっています。

クリックすると元のサイズで表示します


県境のロードサインと共に、ここで分岐する有料道路「熱海ビーチライン」への案内が提示されています。メインルートの国道135号線は、この先県境にふさわしく?、海沿いとはいえ段丘の上?中腹?を通るため、カーブや勾配がそこそこきつい道なので、初心者and/or週末ドライバーの方々にはビーチライン一択、、、いや、通行料金(6.1kmで470円)を鑑みると、そうは言いきれないところが悩ましい...

県境のロードサインの裏側は、こうなっています。
クリックすると元のサイズで表示します

どういうわけか、神奈川県/湯河原町を示す標識が見当たりません。見落としただけかなぁ?

肝心の橋の全景の写真を撮り忘れてたことに今更気づいています。この橋がかかる千歳川が神奈川/静岡の県境なのですが、ぶっちゃけ、その気になれば(平常時ならば)歩いて渡れる程度の川です。実際、鮎釣りの方々が川の中に入っていました。

しかも、(広義の)湯河原温泉郷は、この川=県境の両岸に跨っています。どうしてこうなったのか、調べてみた「調査報告書(もどき?)」を貼り付けて?おきます。

かなり長いです。

2021/9/7

残暑見舞い  おでかけ

果たして、まだが残っているのかどうか、気になるところですが、ひとまず、

残暑お見舞い申し上げます...

クリックすると元のサイズで表示します
葉月某日、陸前高田某所にて


今週末ぐらいから、このブログにて新シリーズを始める予定です。
乞うご期待、って言っちゃっていいのか、どうか...



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ