2014/3/29  春の麗らの…  おでかけ

クリックすると元のサイズで表示します
隅田川ではなく、神田川ですf^_^;


クリックすると元のサイズで表示します
こちらは神田明神。

2014/3/27  さくら円舞曲  ライブ

クリックすると元のサイズで表示します
※画像はイメージです(でも使ったピアノはこれです)


まず最初に。携帯電話や電子メールが一時的に不通になった模様で、ご迷惑をおかけした方が、少なからずいらっしゃったので、この場でお詫び&復旧報告させていただきますm(_ _)m

昨日(3/27)の午後からは、完全に復旧しているはず、なのですが、エラーメールが帰っていくなどありましたら、連絡いただけるとありがたいです・・・

・・・って、送ったメールがエラーになるのに、どうやって連絡するのか?、と書いてる自分に突っ込みいれてしまいまあしたf^^; この記事への返事なら、多分、大丈夫なはずですが・・・・・

閑話休題。

タイトルのさくら円舞曲は、自分がこの季節にライヴとかでよく演奏する曲で、春にちなんだ曲を、全て三拍子=円舞曲=ワルツにリアレンジして、メドレーに組んだものです。おおまかにわけて、3月中に主に使う『卒業』バージョンと、4月以降に主に使う『百花繚乱乱れ咲き』バージョンが存在しますが、その時々によって入る曲が微妙にかわるため、バリエーションは、、、、一体、いくつあるのだろう、、、てな感じ。

必ず入る曲、というか、構成を変えない部分は、出だしの「春の海(のイントロ)→うれしいひなまつり→さくらさくら→・・・」と、最後の「・・・→花(by滝廉太郎)」の部分ですかね。

三拍子にしたのは、桜の花びらが、ひらひらと舞う様子を表現した・・・ことになっていますが、秋の曲だと「落ち葉がひらひらと・・・」とか、冬の曲だと「雪がひらひらと・・・」とか言ってるので、、、(以下略)

というわけで、何とか東京に戻ってきて、昨日(3/26)、久しぶりに一応事前にプログラムを決めた、ピアノソロでの30分ステージ、やってきました。セットリストはこんな感じ。

1. オリビアを聴きながら
自分が人前で演奏活動をするようになる前から弾いていた、定番曲。一番有名な杏里さんのバージョンの他、作者である尾崎亜美さんがセルフカバーしたバージョン、アルバムにしか衆力されていないバージョンなど、アレンジが自分の記憶の中で混ざりあっております。

2. 普通の日々
1994年のTBS系のドラマ『家族A』のエンディング曲にして、自分がかつてご贔屓にしていたユニット『東京Qチャンネル』のデビュー曲。どういうわけか、彼らのファンには、音楽をやる人が多く、彼らのカバーユニットをやろう、という話が、現在の自分の演奏活動を始めるきっかけになっている、ということは、MCで言い忘れてます^^;;

3. I wish
やはり、90年代に自分がご贔屓にしていた、北海道出身のシンガーソングライター、大村のぞみさん(当時はNonというステージ名で活動してました)の、3rdアルバム収録曲で、(自分の記憶が確かならば)FM北海道にて番組を持っていた彼女が、視聴者から寄せられたお便りを元に作った曲(だったと思う)。なお、この曲も、10年程度前に、どういうわけか、上述する東京Qチャンネルのファンの方で、大村のぞみさんも知っているヴォーカリストさんとめぐり合い、ライヴでやってたりすることを、今、思い出しましたf^^;

4. もう1つのセレナード
ここんとこ、ことあるごとにカバーしている曲。ピアノ弾き仲間にして、ピアノ弾き語りの王道のど真ん中を進んでる、山瀬亜子さんが、少年舎さん製作のサウンドノヴェル『しおさいのセレナード』の挿入歌として創った曲。ヴォーカルがない分、イントロとかのアレンジで自己主張してみたりしております♪

5.さくら円舞曲
この記事の冒頭で解説したので、詳細は省略。今回は『徹底的に卒業バージョン』と呼べるかもしれない選曲にしてしまいました。はい。


反省点としては、夜も更けてきたので、まったりバラードでしめくくる・・・はずだったのが、何故か妙なテンションになってしまい、いつものごとく、テンポが速くなりすぎたことと、それと関連して、ところどころ「脱線しかかった」演奏になってしまったこと。

ただ、伝えたいことは伝えられたと思います。公開練習日だと、あまり、曲解説とか、その曲に対する想いとか、語ってないし。うん。

で、次回のライヴなのですが・・・

2014/3/21  療養帰省その2  日常

とりあえず、実家の自室にて。
2匹は高いところに登ってしまっております。
クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む

2014/3/19  療養帰省  日常


クリックすると元のサイズで表示します
実家への途上、豊橋駅にて

twitterの方では報告?しておりましたが、昨日から、実家へ療養帰省中です。
途上、東海道線が強風で止まって、御殿場線に迂回するというトラブル?があったりして、その疲れのためか、実家という安心感もあり、今朝、自然に目が覚めたら、すでに正午少し前・・・
よほど、いろんな面で、疲れが溜まっていたのかなぁ?

で、この先の予定ですが、
2014/03/24 Mon. 公式公開練習日(通称:猫楽器デー)
2014/03/26 Wed. ショートライヴデー(5組中5番目)
いずれも、国分寺CLASSTA

だけは、通院の都合もあり、一時的に東京へ戻って、なんとかこなす予定。
その先は、概ね、5月連休まで、実家で療養している予定です。
というか、5月連休まで療養して何ともならなかったら、そのまま、江戸は撤収せざるをえない状況になってる、ということになりそうなので・・・

・・・ま、それまでには、何とか、体調が快方に向かっていることを期待しつつ。。。

2014/3/16  とりあえず、レポート・・・  ライブ

ここんとこ、ブログのタイトルにした『備忘録』の役割が、あまりになくなりつつあるような気がしないでもないので、ごそっとまとめて書いてみたりします。

======================

まず、3月9日日曜。秋葉原にある『秋田犬』にて、(自分の認識では)ヴォーカリストでコスプレイヤーさんの、みでぃちゃんのお手伝い。ライヴの幕間がそのまま撮影会、という、完全なる?アイドルイベントで、ご本人様の希望による、アコースティックライヴとなりました。やった曲は、

1. 星間飛行 from マクロスF
2. タキシードミラージュ from セーラームーン
3. 魂のルフラン from ヱバンゲリオン

と、やや懐かしめ?のアニソン3曲。みでぃちゃんと組んで人前でやる時には定番になりつつある曲たちです。特に、『タキシードミラージュ』は、自分のお気に入りの珠玉のバラードなのですが、なかなか、歌ってくださる方が居ないので、何気に嬉しいです。いつかは、タキシード仮面のコスチュームでばっちり決めて演奏・・・する日は来るのか?^^;;

そんなみでぃちゃんのブログはこちら → http://profile.ameba.jp/miditasu/
(ライヴレポートもあります)

実は、明日17日月曜、国分寺クラスタでのアニソンナイトにも、参戦してくださります。セットリスト?は、多分、このままいくことになるので、聞いて見たいという方は、ぜひぜひ^^b

======================

次、3月15日土曜。昼間、梢あぐりさんが主催する、江戸川区での高齢者の方を中心とした『歌声ひろば』にて伴奏のお手伝い。のち、夜は、同じく、江戸川区瑞江のHOTコロッケにて、梢あぐりさんのお手伝い。店長のまなみマン嬢の企画で、ホワイトデーライヴと銘打たれていました。セットリストは(特記なきものは、梢あぐりさんのオリジナル)、

1. 嘲笑 (by 北野武さん(詞)/玉置浩二さん(曲))
2. あなたを愛し始めたのは
3. わかって下さいなんて
4. 頷いた
5. 夏の日の終わりでした
6. この街で (by 新井満さん)

いやぁ、カバー曲のうち、『この街で』は、たしか、以前、歌声ひろばにて、伴奏したような記憶があったのですが、『嘲笑』は、全くの初見、どころか、初聴。30分間の聴きこみ(?!)と、同じく30分程度の練習で、あれだけ形にできたのは、多分、自分の中では、過去最速、かも?
最近、ややこしいコードの曲と格闘することが多かったから、その成果が出たのかしら?

ちなみに、梢あぐりさん視点?でのレポートは、こちら→ http://kozue-aguri.com/ から参照してくださいね。

======================


自分が演奏したライヴでは・・・




AutoPage最新お知らせ