2012/9/16  三陸探訪1日目前半−2(真の終着駅)  おでかけ

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

って、これのどこが駅やねん?!、という突っ込みがありそうですが…

去年来たとき(の様子をこのブログに載せたヤツ)とほぼ同じアングルで撮ったはずなのですが…(その時の様子はこちら。んで、さらにその1年半前の様子はこちら

周辺の廃墟も含めて、ものの見事に、更地になっておりました。

ま、それだけ、復興に向けての準備は進んでる、ってことなんですが、去年の状態を知らずに、この風景を見ちゃったら……やはり絶句するしかない、ですな。たぶん。きっと。おそらく。

クリックすると元のサイズで表示します

駅の先の海岸。整備中の暫定措置か、護岸との間に、人工的水たまりが発生してました。
私の数少ないオリジナル曲『空の蒼、海の碧』は、昨年、この場所からこの方向をみたときの風景を元に、アレンジが固まりました

クリックすると元のサイズで表示します

んで、代行バスの終点は、昨年と同じく、女川町総合運動公園でしたが、これについては項を改めて。バスは宮城ナンバーになってましたが、車内に貼ってあったステッカー?によれば、JRバス東北秋田支店の車両でした。

2012/9/16  三陸探訪1日目前半−1(とりあえず行き止まりな駅)  おでかけ

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


上の画像、拡大してみると、列車の行く先の線路が、枕木で通せんぼされているの、見えます?(見えなかったら、ピンぼけか手振れのせいです。ごめんなさい^^;)

さて、この駅名。下手すれば、地元の方以外は、鉄道愛好家な方々でも、名前をみてすぐにはピンとこない方が多いかもしれないですが、本来はJR石巻線の『中間駅』です。

いや、いまでも中間駅であることには変わりないのですが、(物理的?な)列車はこの駅までで、ここから本来の終点の女川までは、バス代行となっているわけです。

約1年前に来たときには、この2駅手前の石巻駅からバス代行でしたが、少しだけ、列車が走れる区間が延びたわけです。

クリックすると元のサイズで表示します
駅前の様子。地元の高校生によって花壇ができてます。
クリックすると元のサイズで表示します
列車代行のバス。長距離・高速路線対応の車両が使われてるのは去年と同じ。


駅周辺は小綺麗になってますが、本格的に海岸沿いとなるのは、この次の万石浦駅から。さて復興はどこまで進んでいるのか、そして、今回は現地にお金(財布ぢゃないですよf^_^;)を落としてくることができるのか?

ミッションは始まったばかりです。




AutoPage最新お知らせ