2009/9/29  とりあえず・・・  日常

最後の砦の、屋外演奏用鍵盤を売り払っても、盟友のライヴを聴きに行くのを1本キャンセルせざるを得なかったばかりでなく、食費も、実のところ、十分でなかった、この土日。

ライヴにいけなかった日曜、そのストレスを、多摩地区某所でのにて、某マスターの撮影助手をすることで気を紛らわせていたのですが、その分、体力は消耗。

さて、どうしよう?、と思ってたら、最後の最後、日曜の夕刻に、普段使ってない銀行口座に、若干、残高があるのを発見し、それを交通費にあてて、夕刻に予定されていた別の盟友のライヴ(お茶とお菓子つき)に行くことができ、精神力と体力を補充できたのがけたのが、ほんと、奇跡としかいいようがなかったです。

さて、週が明け、実家からの増援が届き、とりあえず、暫定的に財政破綻状態は回避できましたが、今月振り込まれているはずの傷病手当金が給付されていない、ということも明確になり、危機的状態とまではいかないにせよ、相当、無理やり節制しないと、たぶん、10月は持ちこたえられない、、、かも。

それよりもなによりも、増援元のうちの実家は、アラセブ=araund seventy=70歳前後の2人暮らし。増援する余地があるのかどうか、かなり心配。

そしてさらに。今回の騒動で精神疲労が増してしまった上、日付け変わって昨日の公開練習日では、聴いてくれてる人がお客さん2人→1人(+マスター1人)の状態で、1時間以上の連続ソロ演奏を強いられたのが、精神的に堪えました。。。。せめて、聴いてくれる人が、あと2or3人いてくれたなら、もしくは、歌ってくれる人/ジョイントしてくれる人が1人でもいらっしったならば、大分、楽だったと思われます。

それだけに、前半、自宅が遠いため30分程度のステージの予定だったのを、ソロも交えて小1時間のステージまで引っ張ってくれた天貝さん、当初はいらっしゃると思っていなかったのが、突然現れて、結局、フルステージ一回分相当やってくださったモーリーさん、そして、閉店直前に現われて私のピアノで数曲歌ってくださった、ご近所にお住まいの謎?のご夫婦には、とてもとてもとってもとっても、感謝しております。特に、この謎?のご夫婦、お二人ともノリがよく、奥さんの方は、コスプレまでして、なぜか、演歌を歌ってくださり、まさに、天使のように見えました。はい(実は、演歌の伴奏も、得意なんです<自分)。

・・・・・・・・・・・・・・

2009/9/27  またしても緊急事態(涙)  日常

とりあえず、この5月末に、新規投入したばかりの鍵盤を売り払うことで、何とか、土日の食費程度を確保することができ、回避できました。

逆な見方をすれば、不人気機種?だったためか、76鍵盤で音質もよい機種であるにもかかわらず、この土日の食費程度にしかならなかった、というのが、ある程度予想はついていたものの、かなりショックでしたが。

というわけで。私にライヴサポートを依頼される場合、当面の間は、生ピアノがある場所、もしくは、最低でも76鍵盤以上ある鍵盤が確保できた状態でないと、演奏ができませんので、ご留意のほど、宜しくお願いしますm(_ _)m

といっても、最近は、伴奏のお願いされる機会、めっきり減っちゃってるし、、、、、まぁ、問題は少ないかと思われますが。。。。。(最悪、里子に出してる、88鍵盤で、総重量30kg超過のやつを、一時的に、戻してもらう、という手もありますが。)

また、かくいう事情のため、おめでたい席に招待されても、財政が極めて厳しい状況のため、まだ、それに伴って精神的にも不安定になっているため、出席が困難な状況になることも推測されます。あらかじめご留意くださいまし。



在りし日の、鍵盤の姿

2009/9/24  「神田川」のいま(9/20分)  おでかけ

というわけで、20日、ひょんなことから仲良くなった、トミィちゃんこと、佐野友美さんが出演したお芝居を見に、下落合(西武新宿線で高田馬場の次の駅まで、我が愛機「けったぁましぃん参号機」で出動したのは、20日分の日記で書きましたが、その帰路、折角だからということで、ちょっとだけ、都心方向に足を伸ばしてみました。

行き先は、フォークソングでは有名な「神田川」のモデルとなったらしい場所。てっきり、御茶ノ水とかそっちの方なのかな?、と思ってたら、意外や以外、高田馬場の少し北東の辺りだったそうです。都電荒川線が、目白のほうから坂を下ってきて左に曲がる交差点の所に、銭湯があったらしいです。いまとなっては跡形もなくなってましたが。

クリックすると元のサイズで表示します
明治通りにかかる橋のたもとにて。
写っているいるのが、我が愛機「けったぁましぃん参号機」。
件の銭湯は、この位置の交差点対角線上?新目白通りを挟んだ反対側、にあった模様。


ガス電通り−青梅街道−保谷新道−新青梅街道−新目白通りの、合計25kmの道のり、往路は1時間50分で走破したのですが、復路は、特に後半、緩い登りが延々と続くため、途中、夕食休憩を挟んで、2時間40分かかりました。。。

で、その疲れが、翌日から徐々に出始め、3日後あたりにピークになったのは、この年齢の、お・や・く・そ・くf^^;

画像数が増えちゃったので、続きはこちらから。

2009/9/23  北関東一周日帰り放浪の旅(9/22)  「鉄」

まぁ、放浪といっても、とある「ミッション」を遂行するという目的もあったりします。が、大まかなルートは事前に決めたものの、タイムスケジュールの詳細は全く決めず、乗り換え駅の時刻表をみて、その次の行程を決める、という、判断を誤ると、自宅まで帰りつかないんじゃないか、という辺りに、放浪的要素満載、そんな旅でした。

あ、気付いてみれば、今回は、特に、これといった風景に出会わなかったため、画像は鉄道車両オンリーです^^;; 故に、PC版のトップページからアクセスすると、全部、「続きを読む」に押し出されている状態になってますので^^;;

ルートの詳細は、次の通り。関東地区の地図を手元においてないと、何がなんだかわからないかも。とりあえず、全ての乗換駅をリストアップしましたが、まぁ、これで、ルートの想像は、地図を眺めていれば、判ると思われます。

立川→拝島→高麗川→高崎→前橋→小山→友部→【水戸→土浦】→我孫子→成田→松岸→旭→千葉→東京→国分寺。運賃の総額ですが、【】内の部分がなければ「(JR東日本が定める)東京近郊区間内(現在では、概ね、Suicaが使えるエリア)においては、同一の駅を2回通らない限り、最短経路で運賃の計算を行う」、通称「一筆書きルール」が適用されるので、立川→国分寺間の¥160で済む訳なのです^^b

本当は、成田以降の部分は、・・・→松岸→成東→大網→安房鴨川→千葉→・・・なんてのも考えてたのですが、始発電車で出発し、綿密な計画を立てていれば成立したかもしれませんが、今回は、時間が・・・・・

というわけで、乗車経路の解説と、主な乗った(みかけた?)車両の紹介など。



以下、超長文、画像満載につき、注意!!

2009/9/20  木漏れ日  おでかけ

クリックすると元のサイズで表示します

自宅から、ガス電通り→青梅街道→新青梅街道→新目白通りと、我が愛機「けったぁましぃん参号機自転車=3」を駆ること2時間弱。下落合駅近くの公園で、昼寝中zzz
と、そろそろ開場時間だっけ?時計

なにがあったのかは、http://ameblo.jp/tommy0925/ を参考にしてね♪〜キラキラ




AutoPage最新お知らせ