2009/7/30  本日の「目玉」?  「鉄」

「過去帖」ネタではなく、本当に、今日(7月30日)に会った/乗った車たちです。

クリックすると元のサイズで表示します
糸魚川駅3番線にて。

いわゆる「大糸北線」=JR西日本管轄区間に3両だけ残ている、キハ52型気動車。全JRにおける国鉄引継ぎ車では、最古?になるかも? 180馬力のエンジンを2台積んだ、山岳線区仕様で、後継車と呼べる車が開発されなかったこともあり、生きながらえています。この塗りわけは、国鉄時代の典型的な一般用気動車(ディーゼルカー)のものなのですが、今の若い世代の人だと、たとえ「鉄」っちゃんでも、判らないかも? 今では貴重な存在です。
ちなみに、JR東日本の新潟・会津地区に残っていた同形車は、この3月で引退。もっとも、こちらは、エンジンが火災対策で、新型のものに換装されていました。

クリックすると元のサイズで表示します
福井駅2番線にて

北陸線福井・金沢・富山地区にそこそこまとまった数が残っている、元急行用電車です。正式名称は、475系電車。一時期、地区別に固有の塗色にする(北陸地区は、白地に青いライン)のがはやった時期に、前者、塗り替えられていたはずなのですが、、、よもや、国鉄急行時代のオリジナルの塗装色の車が残っていた?、、、いや、復元された?と考えるのが正しいのでしょうか?
ちなみに、この塗りわけは、交流電化区間も直流電化区間も両方走れる急行電車の標準色でしたが、車体裾に、ちょこっとだけ見えてるクリーム色の細いラインが、60Hz区間用=北陸線もしくは九州地区用であることをあらわしています。(50Hz区間用=仙台地区につい最近まで残っていたタイプは、別な部分に「アクセント」の塗装があったはずなのですが、、、、忘れました^^;;)

いやぁ、キハ52型の方は、こいつに会う目的でこのルートにしたのですが、475系電車の方は、想定外のうれしい誤算でした。はい。

2009/7/28  ViolinとPianoのDUOライヴ(Tea Time Concert)@江田  ライブ

(この日記は、本来、7月26日日曜分です。後日、日付け、修正します)。

この日は、ここんところ月例となっている、若き全盲のヴァイオリニスト、白井崇陽くんと、その高校時代の同級生のピアニスト、平林三和さんのデュオライヴ。場所は、横浜市青葉区江田にある、伊万里焼の専門店というかギャラリーというか、そこに併設されてるレストラン?和風ダイニング?甘味処?の『器楽(きらく)』。

前日、急遽、「予約すると(飲み物とお茶菓子付で)¥1000になる」との情報が入り、当日、乗換駅から電話で予約してたり^^b

詳しいレポート?は、平林三和さんの自力サイト http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=p_and_k のブログやBBSを参照していただくとして、演奏風景などを、ちょこっと。

クリックすると元のサイズで表示します
1曲目の「夕方クインテットのテーマ」について解説中のみわさん。
「夕方クインテット」は、NHK教育TVで放送中の番組。

クリックすると元のサイズで表示します
みわさんのソロパート(曲目は『Summer』by久石譲氏)。
熱心に聴いてる白井くんの姿が印象的。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに、お菓子と飲み物は、こんな感じのものがでてきます。
飲み物は、珈琲/紅茶の選択ができます。

え?、肝心の、演奏中の、白井くんの画像がないって??
そ、それは、白井君の動きが激しすぎて、デジタルズームを目一杯に効かせた状態だと、ボケボケ?ブレまくり?の画像しかとれなくって。。。。><

次回の『器楽』でのティータイムコンサートは、8月23日日曜とのこと。
ちなみに、翌24日月曜は、私の公式公開練習日。
で、25日火曜は、前の日記で紹介した、穴澤さん&みわさんのライヴ@大宮。
26日水曜は、国分寺クラスタのショートライヴデーに、私のソロでエントリー。
27日木曜は、赤坂カーサクラシカでの「プラチナ(白井くん+金澤さん)ライヴ8」。
大変なことになっちゃってます^^;;;;

ちなみに、この日の昼食は・・・

2009/7/27  夕立とボサノバライヴ  ライブ

(この日記は7月24日分です。後日、日付訂正します(^^)b)
普段は、あまり、ギター系の方のライヴには行かない自分ですが、この日は、土砂降りの闇魔、もとい、止み間をついて、国分寺クラスタまでの30分強の道程を、チャリでかけぬけました汗自転車
止み間を縫って出発したために、第2部からになっちゃいましたが、それでも、途中、一部区間のみ、土砂降りに遭遇しちゃったのはf^^;

クリックすると元のサイズで表示します
MC中?の、高見美保さん。鳥取県境港の出身です。

彼女の歌うボサノバは、何ともいえない、独特のオーラ?、、、ほんわかしてるんだけど芯が通ってる、そんな感じに取り付かれて、聴きに言ったのは、今回が3回目、かな?

スペイン/ポルトガル語については全く判らない私ですが(あ、でも、「パロミータ」が「鳩」で、「ブランカ」が「白」、「コラソン」が「気持ち」、ってぐらいしか判りません^^;<いずれも、自分がやったことがある曲のタイトルです)、なので、活舌(漢字、合ってます?)うんぬん以前に、彼女の自然な雰囲気が、なんとも落ち着くんですよね。

次回ライヴは、本日27日月曜、銀座「いちこし」で、とのこと。残念ながら「猫楽器デー」と重なっちゃってるので、また今度、かな?

高見美保さんの公式(自力)ブログ http://minha-bossa.cocolog-nifty.com/blog/

2009/7/23  アイリッシュパブへ出動  ライブ

クリックすると元のサイズで表示します
アイリッシュ珈琲。れっきとした「お酒」です

なぜ「アイリッシュパブ」なのに、カテゴリが「ライヴ」なのかというと、昨日22日が、私にとって、お師匠様?ピアノ弾き仲間??の中間的な存在の、平林三和さんと、その高校時代の超大先輩である、情熱のヴァイオリニスト穴澤雄介さんの月例デュオライヴが、大宮にあるCafe Lampというアイリッシュパブにて行われた日、だったからです。

先月が、体調不良で断念しかかってたところへ「緊急呼集?(笑)」がかかって、終演時刻に間に合わないと判りつつ、大宮まですっとんでいった、、、、という反省を生かし、今月は、かなり早めに大宮入り。もっとも「鉄」の「聖地」に寄ってる時間&気合はありませんでしたが^^;;

詳細なレポートは、穴澤さんもしくは平林さんのサイトを見ていただくとして、ダイジェスト?だけ乗せておきます(携帯の内蔵のカメラの性能の限界で、暗い場所でデジタルズームを使うと、縮小しないとなんともならない画像になっちゃったので><)

クリックすると元のサイズで表示します
演奏中の穴澤さん。情熱的で動きが激しいので、写真はこれが精一杯^^;
クリックすると元のサイズで表示します
モーツアルトの曲を演る前には毎度おなじみ?になってる、みわさんの『隠し芸』。

先月が、まともに聴けてないということもあり、初めて聴く穴澤さんのオリジナル曲も多数あって、実に充実した時間でした♪〜

以下、毎度、おやくそくの・・・(笑)

2009/7/22  去年の夏祭りライヴ  ライブ

画像が、発掘されました^^v

おそらく、HOTコロッケのページにアクセスして、その時、ディスクキャッシュに残ってたものをサルベージュしたと思われます。

しかも、このとき、ライヴのお知らせはこのブログでしてたものの、レポートは「また後日」で、そのままになっちゃってるし^^;;;;

というわけで、1年遅れのレポートです(汗)
撮影は、HOTコロッケのスタッフの方々。おそらく、まなみマンかえみちゃん、ぺりーちゃんのいずれかと思われます。

まず、この日は、通常はトリのはずのモーリーさんが、なぜか2番手で登場で、そのサポートを一部やりました。

クリックすると元のサイズで表示します
当時はまだユニット名がなかった「はぃぱぁモーリーズ」


ということは、トリは、いったい誰だったのかというと、、、、

やはり気になります?




AutoPage最新お知らせ