2006/6/24  あしあと  

これまた知っている人は知ってるのですが、このblogは"mixi"から直で参照できるように設定してあります。"mixi"について説明すると長くなりすぎるので省略しますが、要は、そこに登録している人のみが同じく登録されてる人のプロフィールや日記などを読める、そんな集まり、、、かな?

で、そっちばかりに力を入れると、当然のことながら、mixiに登録していない人には情報が伝わらないわけなので、それではアーティストとしてまずいだろう、、、という理由で、mixiの(中だけでしか使えない)機能は、なるべく使わないようにしております、、、

、、、というか、ぶっちゃけ、嫌いなんですよね、、、登録された人でないと情報を参照できない、というSNS(ソーシャルネットワークシステム、というのだそうです)というシステムそのものが。。。。

と、つい熱くなって、脱線しまくってしまいました^^;

で、そのmixiのページは、誰が自分のページに来てくれたか、判るような機能が標準でついているのですよね。俗に言う、足跡、ってやつ。

私の知名度はそんなに高くないし、上に書いたような理由から、mixiの中での活動はできるだけしないようにしているから、当然、来る人も、ごくごく限れれた人だけで、たまに、みかけない名前があっても、調べてみたらリアル(?!、実世界のコト、ね)で知り合いだったりとか、知人のそのまた知人だったりとかで、どこかで繋がっている人ばかりでした。

んが、つい先日、そのような逆探知??を試みた結果、たどり着いた先が、これまでに、リアルで全く面識/つながりの無い人(知人の知人という範囲を含む)だったというケースに初めて遭遇。その方の公式WebSiteによれば、どうやら私と同じく?、ライブバー/レストランなどを中心に演奏活動をされておられる方である様子。

大昔からネットをやってる身としては、ネットはあくまで実生活での連絡手段の補助に過ぎない、というスタンスなので、ネット上でしか繋がってない、というのは、どうも落ち着きが悪いというかなんというか。

で、メールをやりとりした結果、昨晩がそのレストランでの担当日?ということが判り、なおかつ、そこは、あいてる時間は自由に(電子)ピアノを弾かせてくれるらしい、ということだったので、、、、、、、思い立ったが吉日、行ってまいりました。

結論は、、、、ものすごく、好みのタイプ(の歌声)。

昼間、ジムでちょいと頑張りすぎたのと、夜になっても気温が下がらなかった故に、現場にたどり着き、カクテルをちょこっと飲んだ段階で、もう、体調最悪状態となり、演奏させてもらえるよう頼める状態ではなくなってたのですが、、、、この方の歌声のおかげで、すっかり癒された、そんな次第であります。

というわけで、、、ちょっとだけ、mixiを見直した(??)、そんな1日でした。

2006/6/22  潰えた夢  

既にご存知の方も多いと思われますが、私がとても大好きだったライブハウスが、7月一杯で無くなってしまいます。厳密にはなくなってしまうのではなくて、お引越しをするわけなので、営業そのものは続いて行くわけなのですが。。

椅子が30席程度の小さなハコ。ステージの上には、やや小ぶりのグランドピアノ。そして、なによりも好きだったのは、ビルの2Fにあって、大通りに面した側が、一面、ガラス張りになっているコト。お洒落な雰囲気よりも、明るくて開放的な感じが、とてもとても好きでした。

うちからだと電車を乗り継いで1時間弱かかる場所なのですが、それでも、その雰囲気が好きで、お客さんとして、月平均5回ぐらいは通っていました。勿論、ピアノ弾きとしても、とてもとても憧れの場所で、2年3ヶ月の間に、合計5回、ステージに立たさせて、いや、厳密には、座って、ピアノを弾かさせていただきました。

レギュラー出演者になりたくて、2度ほど、ユニットで公開オーディションに挑んでいます。2回とも合格したのですが、1度は相方にクビを切られ、もう1度は相方が音楽活動をやめてしまって。。。

もうユニットはこりごり、ってコトで、ソロでエントリーしようと思っていた矢先、この場所が無くなってしまうことを聴かされ、かなりうろたえてしまっておりました。その時点で速攻でエントリーしても、その場所での最終の公開オーディションライブには間に合わないと聞かされた時は、かなりショックでした。希望が全て絶たれてしまったようで。

あ〜あ、もう一度だけでいいから、あの場所で、あのピアノを弾けたらなぁ....1曲だけでいい、ライブサポートでいいから....

潰えかかってるこの夢、どなたか、叶えていただけません?

2006/6/21  夏至  

今年も、2つめの『二至二分』である、夏至まできちゃいましたね。かぼちゃをたべなきゃ、、、って、それは、冬至だったはずなので、、、、あ、とうがん、、、んなわけないか^^;;

ちゅうわけで、暑さに極端に弱いわたくしは、こないだの日曜ぐらいから、冷房全開生活になっております。とはいうものの、リモコン行方不明のため、ノーコン運転なわけなのです。

限りあるエネルギー資源を無駄遣いしてるようで、かなり気がひけるワケなのですが、どうせ、深夜電力はパワーを絞ることができない原子力発電が殆どだし、なによりも、そのおかげで、夜中、ぐっすり眠るコトができるようになってるワケなので、もうしわけないけど、勘弁してもらうことにいたしましょう....ZZZZzzzz..

2006/6/20  ワールドカップその2  日常

勝ち負けの行方の興味がない、というのは下に書いたとおりです。
が、キーパーの川口さんのスーパーセーブ。
これは、十分、見る価値がありますね。うん。

2006/6/13  ワールドカップ  日常

はっきりいって、勝敗の行方には全く興味がもてません
だって、勝ち負けの重要性が高い試合になればなるほど、(特に日本以外の国の選手の方々は)フェアプレイ精神の欠片もないプレイをすることが多くなりますからねぇ。。。。

ただし、サッカーそのものには、興味がありますよ。特に、何をどうやったらこんなことができるのか、っていう、超人的なプレイ。密集した人の波を縫うように決められたゴールとか、有り得ない方向に飛んでくるボールを平然とはじくキーパーさんとか。

サッカーに限らず、スポーツ全般(野球とかF1とか)に対して、観戦するときは、そういう視点でみてることが多かったりする、いながきであります。




AutoPage最新お知らせ