春分祭(2019年3月21日)レポートその3  ライブ

続いて、3月21日におこなった企画ライヴ「春分祭」のレポート第3弾です。

*********************************

3番手は、カニコローシュカのお二人。やはり、知り合ったのが、ここ国分寺クラスタなのですが、花兎あきほさんとは、たしか、自分が主宰してる「猫楽器デー」だったのに対し、カニコローシュカのお二人とは、自分がアシスタント?参加している「ピアノフリーコンサート」だったように記憶してます。

クリックすると元のサイズで表示します
カニコローシュカのお二人。
左がヴォーカル・作詞など担当の中馬ちえみさん
右がギター・作曲など担当の板垣雄一郎さん


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
客席の青い髪の娘は「ゆきねこ」の氷川雪瑠ちゃん


普段は、こんな感じで、板垣さんのギターに乗せて、ちえみちゃんが歌う、というスタイルなのですが、

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

時には、こんな感じで、板垣さんがピアノを弾いたり、ちえみちゃんが鍵盤ハーモニカやリコーダーを吹く曲もあったりします♪〜

オリジナル曲を中心に、全5〜6曲のステージ。で、もうしわけないのですが、何度かライヴで聴いてるものの、タイトルを覚えきっておりません...m(_ _)m
というか、タイトル未定の曲や、仮のタイトル(例:かぶきあげ)しかついてない曲も多々あったり...^^;;
ですが、その楽曲の雰囲気は独特のものがあり、個性派である、という点では、2番手の花兎あきほさんや、4番手ででてくる(氷川雪瑠ちゃんのお師匠さんであるところの)彩葉永華さんと相通じるところがあるのですが、それぞれの個性は、各々異なった方向を向いている、というのが面白いところです。

*****************************

カニコローシュカのお二人は、国分寺クラスタにて、主宰イベント「カニコロー酒家」を、(原則として)毎月第1木曜に開催しております。また、次の土日(4/13〜14)には、新潟まで遠征して「越後ーシュカ」を開催する予定。
詳細は、彼らの公式サイト https://kanikoroshka.themedia.jp/ か、ツイッターアカウント https://twitter.com/itttagakkki を参考にしてください。

あ、今日(4月10日水曜)夜、国分寺クラスタのショートライヴデーに、お二人が、各々、ソロで出演します。田中マスターのステージが見られる貴重な機会でもあります。詳しくは、国分寺クラスタの公式サイト http://www.classta.com/ を Check!!



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ