2018/11/15  16:26

DIAMOND F61 50MHz用GPの修理  ハード

コンテストで便利に使っていたGPが壊れてしまいました。

SWRがバーンと上がり、エレメントの長さを調整しても

全くダメな状態です。

とりあえず分解してみました(*^▽^*)

原因はこれですね。

クリックすると元のサイズで表示します

アンテナの切り替えを間違えたか長時間のデジタルモードでの使用が原因でしょう。

メーカーさんに尋ねてみたのですが、もう代替えのパーツも手に入らないとの事。

性能の良いアンテナだったのでとても残念です、無いのでしたら

自分で作るしかありませんね(´-ω-`)

まずは中身を除去して採寸します、しっかりした作りでバラバラにするのも

結構な手間です。

クリックすると元のサイズで表示します

採寸したら材料を切り出します。

仕事場に転がっていたPOM(ポリアセタール樹脂)の端材を使います。

太さを出して、しっかり嵌合するようにねじ切りしますが

ここまで手間を掛けなくてもいいのかもしれません(^_^;)

クリックすると元のサイズで表示します

しっかりセンターに穴を空けます。

ここで失敗するとコネクターが入らなくなります(笑)

クリックすると元のサイズで表示します


あとは組み立てるだけです、プレスで圧入する寸法で作っておけば

後で緩んだり抜けてしまったりが無くて楽です。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

元通りにコイルを巻いていきます。

ショートしたり、接触不良が無いように・・・

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

早速組み立てて、アナライザーを繋げてみました。
しっかり元通りになりました、今まで通り活躍してくれそうです(*^-^*)

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ