2018/10/25  15:04

失敗しないコネクターのハンダ付け  ハード

太目の8Dや10DのM型コネクターのハンダ付けはそうでもなのですが

5D2Vなど細目のケーブルのM型コネクターのハンダ付けは

苦労されている方も多いみたいです。

大した事では無いのですが、私がいつもやっている方法です

お役に立てば幸いです(*^^*)


1.

5D2Vとコネクターを用意します、絶縁体がテフロンの物がFBです。

クリックすると元のサイズで表示します

2.

忘れてはいけないものを先に通します、熱収縮チューブは無くても可。

クリックすると元のサイズで表示します

3.

外皮を3cmほど剥きます。

クリックすると元のサイズで表示します

4.

ポリエチレンの絶縁体を、1mmほど残して取り去ります。

クリックすると元のサイズで表示します

5.

中心導体にハンダメッキをします。

クリックすると元のサイズで表示します

6.

コネクターを差し込み、中心導体をハンダ付けします。

クリックすると元のサイズで表示します

7.

網線部分は・・・ハンダ付けしてもしなくてもいいです(笑)
皆さんここで失敗してしまう方が多いようです、自信が無ければそのまま放置でOKです。

クリックすると元のサイズで表示します

8.
ねじ込むリングを、上にずらします。
網線がちょっと邪魔ですが、無理の無いように上手く通してください。

クリックすると元のサイズで表示します

9.

網線を、きれいに広げていきます。出来るだけ均等に広げてあげると
仕上がりもきれいになります。


クリックすると元のサイズで表示します

10.

写真のように、1-2mmの長さで切りそろえます。

クリックすると元のサイズで表示します

11.

そしてコネクターのボディにハンダ付けしていくのですが
熱量のあるハンダゴテの方がうまくいくと思います。
室内で使うのでしたら作業はここまでです、念のためテスターなどで
ショートや接触不良が無いか確認してください。

クリックすると元のサイズで表示します

12.

屋外で使用する場合は、写真のように熱収縮チューブで仕上げておくと
良いと思います。ちょっとした移動運用などでしたら防水も楽になると思います。

クリックすると元のサイズで表示します




5D-2Vのコネクターのハンダ付け、簡単そうでいてなかなか難しい・・・
上手くつけたつもりが接触が悪くて、移動先で苦労したりもありました。
元々はK3LRさんの動画を元に試行錯誤したのですが、割と良品なコネクターが
お安く手に入る時代になりましたので、再利用の事は考えない&5D-2Vに特化
する事でこの方法に落ち着きました。
今のところ引っこ抜けたり接触不良が起きたりのトラブルは一度もありません
皆様のお役に立てば幸いです・・・m(_ _"m)


(参考)
http://www.k3lr.com/engineering/pl259/

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ