2016/10/20

アオマツムシ  自然観察

 マツムシの名前はよく聞くけど、コオロギ科のアオマツムシは初めて聞く名前だった。
 町中の樹上に生息してリーリーと鳴くそうだ。  庭で鳴いていたのはこの虫だろう。
 背中が平らで逆三角形の体は、名前のよく似たマツムシとは似ても似つかない。
 この個体は♀とみられる。 
  クリックすると元のサイズで表示します

 十六ササゲの鞘を食べているウラナミシジミの幼虫。  いつも背中に蟻が乗っていて分泌物を食べているように見える。  甘い糞をするのかな。
  クリックすると元のサイズで表示します

シジミチョウの幼虫と蟻の共生はよくあることらしい。 面白いね。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2016/9/26

自然の驚異  自然観察

 自然の脅威と書いた方が良いのかもしれないが、クチナシのオオスカシバ幼虫を探していたらスズメバチが貪り食っていた。 怖くて近寄れなかったのできちんと写真は撮れなかったの。
 アオスジアゲハの幼虫も見付からないので食べられちゃったかもしれない。 自然は凄い!
 中央の赤黒がスズメバチ。
  クリックすると元のサイズで表示します

 クロタラリアの豆に止まっていたこのカメムシはNezara属であるが種が同定されていないそうだ。 昆虫界も未知の部分が有るんだね。
  クリックすると元のサイズで表示します

 なぜかトウモロコシの雌花にいたリンゴケンモン蛾の幼虫。 だいたいこの形はケンモン蛾の幼虫だけど毛に毒は無いようだ。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2016/9/16

どこにいるのかな?  自然観察

 オオスカシバの幼虫を探したけどなかなか見つからない。 写真のどこかにいるはずなので探して!
  クリックすると元のサイズで表示します

 実に上手に隠れているので探し出すのに苦労した。
  クリックすると元のサイズで表示します

 アオスジ君がいないかな?  と、探していたらとんでもない迷惑害虫がいた。 刺されるとしばらく痛くて苦しいイラガの幼虫。 
 夕方になって暗くなりかけていたので昨日のアオスジ幼虫は探せなかった。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2016/8/30

ゲンゴロウ  自然観察

 菜園の土壌消毒用に敷いてあるビニールフィルムに水が溜まって小さなゲンゴロウがいた。 ゲンゴロウって飛ぶんだ!  1cmに満たない小さなゲンゴロウ・・・図鑑で調べたらコシマゲンゴロウのようだ。
 潜っているところだけど、よく見ると不鮮明だけど尻に空気の泡を付けている。
  クリックすると元のサイズで表示します

 コカマキリがバッタを捕まえて食べていた。 頑張ってたくさん捕まえて!
 赤いカマキリはコカマキリ。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2016/4/8

ダッチアイリス  自然観察

 昨年植えたダッチアイリスの花が咲いた。 目の覚めるような青色が格別美しい。
  クリックすると元のサイズで表示します

 種を蒔いて1本だけ芽が出たコナラの実生苗を鉢に植え替えた。 ドングリは成長が早いので秋には下におろせそう。
  クリックすると元のサイズで表示します

 ムクノキは割と発芽が良かった。 何本かのうちの1本を鉢に植えた。
  クリックすると元のサイズで表示します

 エノキも1本だけ芽が出てきた。 写真ではよくわからないけど本葉が出てきている。
  クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ