2019/11/16

生け垣の中から  ジャコウアゲハ

 貝塚伊吹の生け垣を剪定していたらジャコウアゲハの蛹が二つ出てきたのでベッドに寝かせた。 これで全部で越冬蛹は20個。 
 十分な数を確保できた。
  クリックすると元のサイズで表示します

 生け垣の上でカナヘビが日向ぼっこをしていた。 時々見かけるのでうちの庭で世代交代しているのだろう。 なかなか可愛い奴である。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2019/10/24

ホトトギスの花  ジャコウアゲハ

 今年もホトトギスの花が咲いた。 残念ながらルリタテハは来なかった。
  クリックすると元のサイズで表示します

 ジャコウアゲハの蛹が増えて13個になった。 飼育箱に3個あるので16個越冬。
  クリックすると元のサイズで表示します

 サツマイモの茎にスズメ蛾の幼虫が抱き着いていた。 近付いたらポロリと落ちたので掌に載せた。 スズメ蛾の幼虫は掌に載せると暴れるけどくるりと丸まって動かなかった。
  クリックすると元のサイズで表示します

 この真っ黒なスズメ蛾は記憶にないので幼虫辞典で調べてエビガラスズメの幼虫の黒色型とわかった。 1匹だったので戻してやった。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2019/10/11

続々と蛹  ジャコウアゲハ

 台風に備えて庭を片付けていたらぞくぞくと蛹が出てきた。
  クリックすると元のサイズで表示します

 合計で9個の蛹と、飼育箱の中に蛹が一つと前蛹が二つ。 合計12個の蛹を越冬させることになりそう。 
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2019/10/10

タラの実  ジャコウアゲハ

 庭を片付けていいたら片隅でタラの木が育っており黒くて小さな実がなっていた。 口に含んでみたらかすかな甘みがあって悪い味では無かった。 小鳥たちが好みそうだ。
 そういえば庭のシソの実が熟してカワラヒワの群が食べに来ている。 ここにご馳走が有るなんてよくわかるものだと感心する。
  クリックすると元のサイズで表示します

 カラスザンショウの苗はネットで覆っているのに、その前に卵が産みつけられていて3匹もナミアゲハの幼虫がいた。 坊主にされそうなので4齢の1匹をミカンの木に移住させた。
  クリックすると元のサイズで表示します

 坊主にされた小さい方のカラスザンショウは葉が出て復活してきた。 もうアゲハはいないと思うけど念のためにネットで覆った。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2019/10/7

幼虫追加  ジャコウアゲハ

 ウマノスズクサの中にいた4齢幼虫を飼育箱に収容した。
 蛹も1個見付けたので7個の蛹を確保できそう。 これだけあれば絶滅は免れそう。
  クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ