2011/10/22

クロメンガタスズメ幼虫  クロメンガタスズメ

 ピーマンを収穫しようとチェックしていたら巨大なイモムシを見付けた。  特にナス科を好む南方系のクロメンガタスズメの幼虫で、キイロスズメの幼虫より動きが速い。
 名前の由来は成虫の背中に顔のような目鼻の文様が出るので知られている。 人の顔というより猿面冠者といった印象。
 明日もいると思うのでピーマンの葉っぱで飼ってみたい。
  クリックすると元のサイズで表示します

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ