2011/7/29

蝶のなる木  ジャコウアゲハ

 膨大な数のジャコウアゲハの幼虫がウマノスズクサを食べ尽くしてサナギになった。 すぐ脇に置いてあった鉢植えのアマリリスは葉っぱの幅が広くて日陰を作ってくれるせいかたくさんのジャコウアゲハのサナギがぶら下がった。
 家の外にはたくさんのサナギがぶら下がっているが、これまで羽化したのは1頭のみ。 他は家の中に連れてきたサナギばかりが羽化している。  直射日光がサナギには厳しいのかもしれない。
 左上のほうに1頭が羽化しており、右下のわかりにくいところにも1頭がぶら下がっている。 ジャコウアゲハの27・28頭めになる。
  クリックすると元のサイズで表示します

 28頭めのジャコウアゲハは♀だった。
  クリックすると元のサイズで表示します

 トータル70頭めのナミアゲハは♂
  クリックすると元のサイズで表示します

 復活し始めたウマノスズクサだが、まだ餌を食っている5齢幼虫がいるので食べつくされそうだ。
  クリックすると元のサイズで表示します

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ