2011/7/17

キイロスズメの幼虫  キイロスズメ

 数日前、ヤマイモの葉っぱが食べ尽くされていたので探してみたらキイロスズメの褐色の幼虫がいて、そのままほうっておいたら行方不明になった。 今日は別のヤマイモに最終齢に脱皮してきれいな緑色になっているのを見付けた。
 たまたま帰省していた小学生の孫娘たちが「ぷにゅぷにゅ・・もちもちしてる」と喜んで触っていた。
 ジャコウアゲハの幼虫は強く摘むと潰れてしまうが、キイロスズメの幼虫は10cm近くと大きいので弾力があって手触りが良かった。 1匹だけなのでこのままにしておいてやろう。
  クリックすると元のサイズで表示します

 こちらはサトイモの葉を食い荒らすセスジスズメ蛾の幼虫。  スズメ蛾の幼虫はいずれも巨大で美しい。  この幼虫もこのままにしておくつもり。 成虫も大きい。
  クリックすると元のサイズで表示します

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ