2018/6/14

小さな5齢  アゲハ

 飼育箱に収容していたナミアゲハの幼虫が小さなまま5齢になっていた。 ナガサキアゲハの幼虫が大きかったのでよけいに小さく感じたのかもしれないが、2.5pしかないのはやはり小さい。
  クリックすると元のサイズで表示します

 蛹になってから5日目になったナガサキアゲハ。
  クリックすると元のサイズで表示します

 ぼつぼつと孵化の始まったジャコウアゲハ。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/6/11

ヒメエグリバ幼虫  

 道端で美しい4cmくらいの芋虫を見付けたので写真を撮った。 数匹いたので連れて帰ろうかと思ったけど餌の補給が出来るかわからなかったので諦めた。
 帰宅してから芋虫図鑑で調べたらヤガ科のヒメエグリバ幼虫で、成虫は普通の蛾だった。
  クリックすると元のサイズで表示します

 食べていたのはこれ・・・アオツヅラフジという名前だそうだ。
 道端に普通にあるものらしいけど、クズなどとの識別が難しい。 葉に臭いは無かった。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/6/9

朝、サナギに  ナガサキアゲハ

 朝起きたらナガサキアゲハの幼虫がもこもこと動いていた。 糸掛けがそろそろ終わるところだったらしい。
 写真を撮ったら動きが止まった。 邪魔しちゃったかな・・と思った。
  クリックすると元のサイズで表示します

 そして10分くらい経ってみたら見事な蛹になっていた。 幼虫の殻を脱ぎ捨てる所を見たかったのに残念だった。
 芋虫がデカかったので蛹も巨大。
5齢になってから9日目の蛹化だった。 
  クリックすると元のサイズで表示します

 ジャコウアゲハはぞくぞくと羽化している。 中には羽が伸びきらない可哀想な子もいるが、この子はとても立派。
 羽化したときにつかまりやすい発泡スチロールのような場所だと安全だけど、つかまりにくい場所だと落下してしまう。
  クリックすると元のサイズで表示します

 セスジスズメ蛾が防虫トンネルの中に捕まっていた。 サトイモの葉に卵を産みに来たのだろう。成虫はなかなか見られなのでラッキーだった。
 一応害虫ではあるが、大発生しなければ害は少ないので写真を撮った後で開放してやった。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/6/8


 ナガサキアゲハの幼虫が前蛹になった。 
 昨日一日動かなかった場所の床が濡れて糞が溜まっていた。 食べていた餌を消化して糞として出し、余分の水分を排泄して蛹になる準備をしていたのだろう。 
 明日の朝は蛹になっているカモ・・・・。
  クリックすると元のサイズで表示します

 餌のウマノスズクサはまだ芽生えたばかりなのにもう卵がどっさり産みつけられている。
 全て落としているけどこれは私が自然の摂理に反する行いをしていることになるのかな〜・・・。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/6/7

サナギになる準備  ナガサキアゲハ

 ナガサキアゲハの幼虫が朝からずっと動かず、蛹になる準備をしているのだろうか。
 糸を掛けるはずだけどそれらしきものは見えない。
  クリックすると元のサイズで表示します

 ジャコウアゲハが続々と羽化している。 寝かせているベッドから4頭が羽化。 3頭は外に出したけど1頭が行方不明。 どこに行ったのかな?
 右上の♀は他と比べて一回り小さい。 
  クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ