2010/11/18

ど根性アゲハが・・・  アゲハ

 糸掛けに失敗したのは寒さのせいかなー・・と思いながらベッドに収容したナミアゲハの最後の幼虫が茶色に変色してきた。  羽化するにしては早すぎると思っていたら蛹に穴があいて白い幼虫が出てきていた。  大きさからするとアゲハヒメバチの幼虫が内部を食べつくして出てきたのか、寒さでおかしくなって出てきたのか。  今年の夏の異常な暑さの後遺症かな〜。  この小さなイモムシは目がくっきりしてなかなか可愛い顔をしている。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2010/11/17

羽化しちゃった  アゲハ

 朝おきたらアオスジアゲハが羽化していた。 昼過ぎに暖かくなったので外に出してやった。 暫くじっとしていたが夕方見たらいなかった。 この寒さはこたえているだろう。 可哀想なことをしたけど、まさか羽化するとは・・・・。
 108頭めのアオスジアゲハ
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2010/11/16

まさか〜!  アゲハ

 先ほどアオスジアゲハの幼虫がどうしているか見たら、アオスジアゲハの蛹の色が変わって羽化しそうになっている。  幼虫のために日当たりの良い暖かな場所に置いておいたので春になったと勘違いしたらしい。  困ったことだ。 
 居間には他にもたくさんの蛹を置いているが、何の変化も見られない。
  クリックすると元のサイズで表示します

 飼育箱の中を放浪していたアオスジアゲハの幼虫があまりにも痩せているので餌の上に置いてやったらさっそく餌を食べ始めた。  よほど空腹だったらしく1枚の1/4ほどを一気に食べてしまった。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2010/11/15

徘徊中  アゲハ

 最後のアオスジアゲハの幼虫が飼育箱の中を徘徊中。  夏の頃の幼虫と比べて半分くらいの大きさしかない。  たっぷり食べたはずなのに・・・無事に蛹になってくれますように。
 なんだかシワシワだな〜 
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2010/11/14

クロコノマチョウ  その他の蝶

 公園の片隅でドングリを拾っていたら枯葉に地味な蝶がとまっていた。  クロコノマチョウ・・・ジャノメチョウ科のこの蝶の食草はススキ・ジュズダマなどイネ科の植物で秋型は成虫で越冬するそうだ。  この個体もこのまま冬を越すのだろうか。

 アオスジアゲハの幼虫は飼育箱の中を放浪中・・・蛹になる場所を探しているのか餌を探しているのか。  とりあえず庭から楠の枝を採ってきて入れてやった。

 タイトルがクロコノハチョウと書き間違えになっていました。
 ごめんなさ〜い。 

 秋型のクロコノマチョウ(出現時期:6月〜11月) 
  クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ