2010/4/14

イモムシ・ハンドブック  自然観察

 本屋で「イモムシ・ハンドブック」なる図鑑を見つけた。 日本で観察機会の多いチョウ類91種・ガ類135種の幼虫=イモムシを掲載したミニ図鑑で、巻頭10ページに亘って原寸大の一覧表が付いている。 これまではネットの「幼虫図鑑にお世話になっていた。 よく似た種類が多いのでこれ1冊で事足りるとは思っていないがこれで手軽に調べられるようになった。 価格1,470円とちと高いがこれは便利だ。
  クリックすると元のサイズで表示します
2

2010/4/6

クマンバチが飛ぶ  自然観察

 リムスキー・コルサコフの有名な「クマンバチが飛ぶ」はオペラ「サルタン皇帝の物語」に出てくる曲だ。 魔法で白鳥にされてしまったヒロインに襲い掛かるクマンバチ。 身を挺して王子が守り抜くと王女の姿に戻って結ばれるという御伽噺である。
ここでクマンバチは獰猛な蜂として扱われているが、実際のクマンバチ=クマバチは丸い体に胸の黄色が鮮やかな花の蜜を吸う大人しい蜂である。
 今日は今期初めてクマバチがヒヤシンスやチュウリップの花を渡り歩いていた。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2010/4/4

4齢幼虫  その他の蝶

 蝶の先生からアサギマダラの4齢幼虫がいるから取りに来いと連絡をいただいた。 用事があったので今回はご辞退もうしあげたが、早くも4齢ということは3月早々に卵が生みつけられたということで、ジャコウアゲハと比べると随分と早い。
 うちのウマノスズ草はまだ芽生えたばかりだ。
  クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ