2009/10/28

ヨウシュヤマゴボウ  自然観察

 狭い庭だが鳥達が置いていってくれた色んな植物が生えている。 ヨウシュヤマゴボウは秋になって黒い実を付けるのでそんな植物の一つかと思ったが「野鳥と木の実ハンドブック」の中には載っていなかった。 
 ヨウシュヤマゴボウはゴボウ科の多年草で1〜2mに育ち、茎や葉柄はピンク色。 秋になって黒い実を付ける。 実は柔らかく赤い果汁は着色性が強い。
ヨウシュヤマゴボウはアメリカからの外来植物で極めて毒性が強い。
 味噌漬けなどで売られている「ヤマゴボウ」は本種やヤマゴボウとは無関係で、ヤマゴボウ科は食用にはならないようだ。
 ヨウシュヤマゴボウは山野で身近に見かけることが多い。
クリックすると元のサイズで表示します

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ