2016/9/26

自然の驚異  自然観察

 自然の脅威と書いた方が良いのかもしれないが、クチナシのオオスカシバ幼虫を探していたらスズメバチが貪り食っていた。 怖くて近寄れなかったのできちんと写真は撮れなかったの。
 アオスジアゲハの幼虫も見付からないので食べられちゃったかもしれない。 自然は凄い!
 中央の赤黒がスズメバチ。
  クリックすると元のサイズで表示します

 クロタラリアの豆に止まっていたこのカメムシはNezara属であるが種が同定されていないそうだ。 昆虫界も未知の部分が有るんだね。
  クリックすると元のサイズで表示します

 なぜかトウモロコシの雌花にいたリンゴケンモン蛾の幼虫。 だいたいこの形はケンモン蛾の幼虫だけど毛に毒は無いようだ。
  クリックすると元のサイズで表示します

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ