2016/9/26

ウラナミシジミ  ジャコウアゲハ

 十六ササゲの鞘に食い込んでいた芋虫を菜園日誌に掲載したら師匠から「ウラナミシジミの幼虫である」と教えていただいた。 そうと知っていたら大事にしたのに駆除したのでいなくなってしまった。
  クリックすると元のサイズで表示します

 クロタラリアにいるかもしれない・・との事だった。 もつれ合っているウラナミシジミはいたけど幼虫は見付からなかった。 
  クリックすると元のサイズで表示します

 もう1枚。 クロタラリアの花の蜜を吸っていた。 
  クリックすると元のサイズで表示します

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ