2014/7/19

「DMS-07GT」測定  実験・テスト

2014年ハムフェアーで「音創り研究会」で頒布予定のDMS−07GTのバリデーション版のゲイン、歪率の測定を行ってみました。

測定器は下記のものを使用しました。

発信器:LEADER LAG−120A
ミリバル:KENWOOD VT−176
歪率計:MEGURO MAK−6578A

DMS−07GTのゲインは、52db(1KHz)でした。(後日複数台のバリテーション機の結果40db程度であることがわかりました)
歪率は、0.06%(1KHz)でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ゲインは、概ね50db、(ミリバルで計ると50db、パソコンのWG・WSで計ると40db 測定側のインピーダンスの違いでしょうかね)歪率は、0.1%程度でしょうか。思いの外良いデータが出ました。肝心のS/N比ですが、他のメンバーの方のバリデーション時の報告によりますと90dbは確保しているとのことです。自作の真空管マイクプリアンプでS/N比90dbは、驚きの数値です。

アマチュア無線局で使うマイクプリアンプですから回り込みは大きな問題です。
回りこみ対策を付加した作り込みを進めていきます。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ