2011/2/27

OZ型4号機B  実験・テスト

配線は、ランド基板で行うことにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

ラグ板で行うことも考えましたが、ランド基板のほうが部品の取り付けが簡単そうです。それに最近はランド基板で配線を行うにに慣れているのもあります。
それに、高周波をさらしますんで、アース面が広いほうが回り込みなどのトラブルも少ないのかなと考えています。

各ランド基板間は、薄い銅版かなにかが手に入れば、それで繋げる予定です。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ