2010/1/24

3.5MHz用空芯コイル製作A   ANTについて

一応出来ました。
思ったよりヤワヤワではありませんでしたが補強は必要でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

計算するサイトで調べてみたところインダクタンスは103μHと出ました。

2010/1/24

3.5MHz用空芯コイル製作@  ANTについて

500円玉貯金箱コイルは、少し3.5MHzには大きすぎたようです。
SG−230でSWR1.1にはなりますが50Wで送信していても
だんだんSWRが上昇し安定しません。

初代の1.5Lペットボトルのコイルでは3.5MHzでは安定して動作しています。

自宅に渦巻き線香のジャンボ缶があるのを見つけました。
直径は約16cmです。残念ながら缶ですが何とかこれを利用できないか
考えました。

思いついたのが絶縁物の円柱に巻きつけないタイプのコイルです。
どなたかのサイトで5/8チップの紙の筒でコイル
を巻いて、後で5/8チップの紙の筒を内側からそぎ落として空芯コイルを作成
されていました。これにヒントを得ました。

まず蚊取り線香缶にコピー用紙を巻きつけます。コピー用紙に自在ブッシュを
接着剤で取り付けました。

クリックすると元のサイズで表示します

最大のQは、コイルの直径の1/2ぐらいの長さになるそうです。
コイルの長さは8cmを目安にしました。

25ターン巻くことが出来ました。コイル部のアルミ線の全長は、
約13m弱です。

クリックすると元のサイズで表示します

巻き終わったあと慎重に缶を抜きました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで気がつきました。直径16cm 長さ8cmの空芯コイルは
自在ブッシュ16本に支えられているとはいえヤワヤワです。

形が崩れないような支えが必要です。

またいろいろ考えて見ます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ