2007/3/14

フルリニアローディングアンテナ@  ANTについて

COBRA UltraLite Juniorのアンテナの説明の時に、「全長全てがリニアローディング
になっている、マルチバンドワイヤーアンテナみたいです」と伝えています。

一般名は、見当たりません。’97年ごろの73誌にその理論が発表された
新しいアンテナです。原典には、一般名があるかもしれません。
とりあえず「フルリニアローディングアンテナ」と名付けようと思います。

JI1ANI局とこのアンテナをWEBで見つけた時(購入前)の
ラグチュウで、なんかビデオのに繋げる3本平行線・・・そうあの赤と白と黄色の
RCAピンプラグがついたおなじみのやつ・・・で自作できそうですねと話し合って
いました。

そこで平行3本線をWEBで結構探したんですがなかなか見つかりません。
スパイラルになった3本線はたくさんあります。

ふらっと覗いた秋葉原の九州電気(皆さん多分ご存知の駅を出て大通りを渡る信号の
ところの線材屋さん)にちゃんとありました。

クリックすると元のサイズで表示します

太さが何種類かありましたが、VFF色分0.3spx3並列というのを
30m購入しました。ちょっと細すぎたかなと思いますが、とりあえず実験用
ということで。ちなみに1m60円(本体)でした。


まず1mを2本切り出してD.Pとして1:1のバランを通してクラニシのBR−200でいろいろデータをとってみたいと考えています。
  @平行3本の両端をショートした場合・・・ただの全長2mのダイポール
  Aフルリニアロードにした場合

どのように共振点がでるかその時のインピーダンスは?
インピーダンスの底が各周波数でどのようにでるか調べてみます。
フルリニアロードの場合仮説ですが、35MHzから40MHzぐらいで
10Ωぐらいの底が出ればシメシメというわけです。

うまくいくかどうか。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ