2006/12/3

’06 KCWA  CONTEST

久しぶりに移動でコンテスト参加です。移動といっても住んでる集合住宅の
から100mと離れていません。

やっぱり、久しぶりがたたったのか、忘れ物がありました。
移動用機材は、車で一時間半も掛かるところの倉庫に入れてありますんで
移動場所が近くでも致命傷です。
忘れたのは、ケーブル類をまとめて入れてある袋です。ここにリグの電源コード
が入っています。これでいつも移動で使うFT−900はアウト

車に積みっぱなしのFT−747を今回使いました。このRIGは、
モービルホイップなどで10MHzのJCC/JCGサービス用に
使っています。電源コードはちょっと特殊なやつでRIGに付けっぱなしです。

今回のKCWAは、2年前に参加したとき同様3.5MHzシングルです。
FT−747では、フルサイズのアンテナでの強電界下では役不足です。
でも何とかATTを入れると(10dbかな)何とかなりそうです。
CWフィルターは500Hzを入れてありますが、FT−900の250Hz
とは、世界が違います。混信に苦労しました。

今回のガックリのハイライトは、メモリーキーが回り込みなのか、相性なのか
正常に動作しません。FT−747は、内臓のキーヤーもありませんので
縦振りしかありません。戦意消失しましたが、アンテナもあがっているし
横振りのバトルを縦にして完全なコメツキバッタで参加しました。

実は、縦振り手打ちは初めてです。CWを覚えたときからエレキーを使っていました。
国試の実技のとき以来です。

それでも、’05年のKCWA 3.5MHzの優勝局のQSO数はなんとか
超えました。(相当手首が疲れました)
KCWAは、ログが提出されたQSO相手局と相互にコンテスト
ナンバーが一致した場合のみ得点となります。真の受信能力、技術が問われる
コンテストです。

来年は、マルチ(3.5MHz、7MHz)に万全の体制で臨みたいコンテストです。





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ