2018/3/10  15:09

冬の爪あと  

割れた瓦の修理

今年(2018年)の冬は久しぶりに大雪でした。
前年が暖冬だったので今年も・・・・と期待していましたが期待はずれでした。

雪が溶けてその中から瓦のかけらが出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します


これだけの破片だと、雨漏りになります。
というので、修理しました。

割れて残った瓦です。
やはり大きな穴が開いていて、瓦を伝って流れてきた雨はここで屋根裏に流れ込みます。
これが雨漏りの原因となります。

クリックすると元のサイズで表示します


先ほどの破片には、雪が滑り落ちにくくする突起物があったので
大量の雪が滑り落ちるときに、瓦を引きちぎったものと思われます。


瓦の奥はこんな感じになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは、トタン板を瓦の形とサイズに切ります。

クリックすると元のサイズで表示します


このトタン板は瓦の上に載せますので、上のほうは瓦に引っかかるように曲げます。

クリックすると元のサイズで表示します


割れた瓦どおしを建築用の接着剤・シリコンコーキングで接着します。

クリックすると元のサイズで表示します



その上に先ほどのトタン板を貼り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します


かわらの谷の部分を流れてきた雨は、トタン板の谷の部分を伝って次の瓦に流れていきます。
これで雨が屋根裏に流れることはありません。

瓦とトタン板の間にも、たっぷりと接着剤のシリコンコーキングを入れてあります。

黒い瓦に白いトタン板だと目立つので最後に、黒いペンキのスプレーを塗ります。


クリックすると元のサイズで表示します

目立たなくなりましたね。どれが瓦でどれがトタン板だか解りません。

これで修理完了です。

時間にして約1時間、
購入品は、シリコンコーキング 1本 130円
コーキングを搾り出す機械 1個180円
トタン板は、知り合いから頂いたもの 0円

久しぶりに瓦屋根に上ったら少しビビリました。


0

2009/8/18  22:04

同窓会 その2  

同窓会ネタ その2です。

中学校の同窓会があってその中になぜか最近見た覚えのある顔があるのです。

懇談会が始まって「最近どこかでお会いしませんでしたか?」と訪ねると、
「ええ、同じ町内の班の○○です。」と答えがありました。
 30数年前の顔を思い出すと確かにそんなような面影があります。

その人は7〜8年前から近所に住んでいるのに同窓会があるまで
お互いに同級生であることが解りませんでした。

女の人は結婚すると名字が変わったりするし、近所だと下の名前まで解らないので
なかなか同窓生だと解らなかったのでしょうね。

でも私ゃ一度も名前は変わってないし、引っ越しもしていないぞ。
でも中学生の時は影が薄かったのかな?

世の中広いようで狭い。

2
タグ: 同窓会



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ