ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
これでいいのか山口県  

地域批判シリーズ㊳ これでいいのか山口県(編集 鈴木士郎 岡島慎二 株式会社マイクロマガジン社)が書店で見に止まり購入、一気に読んでいます.

クリックすると元のサイズで表示します

― 誰もいない、人もいない!!県都・山口市の惨状〜街はガランとして若者がいない!?(140ページから)―

私が高校生だった時に、山口市の道場門前商店街で『山口の中心商店街はどこ?』と観光客らしき人に聞かれたことがあり、『知らない・・・』と苦渋の返事をしたことを思い出しました。
あれから40(ウン)年、今も変わらない山口市、そして山口県・・・

今、同じことを聞かれても『・・・』
あらためて山口県の現状を思い知らせてくれる一冊です.政治家の先生方に、ぜひ読んでほしいと思います。特に、住んでもいなかったのに選挙の時だけ山口県出身、長州人を自称し、山口県内を縄張りとしている東京の先生方に!

HIRO
0

八重山ひとり旅〜竹富島  

12月6日(金)から10日(火)まで4泊5日の日程で、沖縄県・八重山諸島まで勝手気ままな "ひとり旅" をしてきました。 その旅のブログ・リポートです。 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

12月8日日曜日、今日は石垣港から高速船で15分の離島「竹富島」へ行きます。 正式には沖縄県八重山郡竹富町字竹富です。 

赤瓦の民家と白砂の道など沖縄の伝統的な町並みが残る竹富島(竹富町観光協会の紹介文から)は、手軽に行ける八重山諸島の離島ということで、観光客に大変人気があります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一周が約9キロのこの島の移動手段は、竹富島交通の路線バス、観光水牛車、レンタル自転車、そして徒歩です。 一番人気はレンタル自転車。 島は平坦で坂は少ないのですが、私は楽ちんな電動自転車(700円/時間)を選びました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

気温は25℃、12月というのに汗ばむような陽気です。 自転車で島内をサイクリングするのに最高の天気! 赤瓦の集落をのんびり眺めながら、自転車を15分くらい走らせると「西桟橋」に着きました。 
この桟橋はかつて対岸の西表島に農耕作業に行くために使用されたところで、国の登録有形文化財に登録されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは西桟橋から5分のところにある「コンドイ浜」。 

白い砂浜と、コバルトブルーの海. 白い砂浜とコバルトブルーの海が美しい。 遠浅で波の静かなビーチです。 竹富島の西側にあります。夕日の名所でもあります。 遠浅で、透明度ばつぐんです。 西表島、小浜島、黒島などが見渡せます。(竹富町観光協会の紹介文から)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

海岸にある石や砂・・・実はぜんぶサンゴ!! この海岸の続きに「星の砂」で有名なカイジ浜もあります。 コンドイ浜では2時間ほどアマチュア無線をやっていたので、あまり島内散策はできませんでしたが、のんびりと「離島時間」を過ごすことができました。

クリックすると元のサイズで表示します

4時間ほど竹富島に滞在して、再び石垣島に戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

石垣港です。 ちなみに竹富町役場は、ここ石垣島(石垣市)の離島ターミナル近くにあります。


HIRO
0

八重山ひとり旅〜石垣島をドライブ  

12月6日(金)から10日(火)まで4泊5日の日程で、沖縄県・八重山諸島まで勝手気ままな "ひとり旅" をしてきました。 その旅のブログ・リポートです。 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

12月7日土曜日、石垣島は朝から雨模様です。 今日は1日レンタカーを借りていますので、島内一周観光の足は確保してあります。 軽自動車を1日借りて3000円(補償費込み)、離島ターミナル近くの宿泊するホテルまで送迎してくれるので助かります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

国道390号線を車で30分ほど北進し、先ず向かった先は「玉取崎展望台」です。 昨年9月に初めて石垣島へ来た時は残念ながら行けなかった場所。 「川平湾」に次ぐ島の絶景スポットです。 

今日は残念ながら風雨で絶景を眺めることはできませんが、とりあえず来れたことに満足。 公園の道端には12月というのにハイビスカスが咲いていました!

クリックすると元のサイズで表示します

次に向かった先は、「平久保崎灯台」です。 伊原間で国道から県道206号になり、さらに30分ほど北進した石垣島最北端の岬にある灯台です。 台風のような強風が吹き荒れていましたが、観光客が次々と来るのにビックリ!! 晴れていればここも絶景なんでしょう・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

嵐の平久保崎を折り返し、今度は東シナ海沿いに県道79号線を南下し、島一番の絶景スポット「川平湾」に向かいます。 30分くらい車で走り途中の「吹通川マングローブ群落」に立ち寄ります。 ヤエヤマヒルギが力強く根を張っています。 実はここ観光カヌーツアーが行われていて、(写真には写していませんが)若い娘さんたちが15人ほど来ていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

吹通川から10分ほど走ると、米原地区にある国定天然記念物「ヤエヤマヤシ群落」があります。固有種の珍しいヤシだそうで、鬱蒼としたジャングルのような林を進みます。 人影も少なく、とても静かな観光スポットです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そしてヤシ群落からさらに15分くらい車を走らせると、いよいよ「川平湾」に到着です。 雨はほぼ上がっていますが、相変わらずの曇天。 しかし・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

見てください! この天気にして、この絶景!! さすが石垣島一の絶景スポットです。 
お店はかなり閉まっています。 荒天だからというより、12月なのでオフ・シーズンだからでしょうね。 昨年ここを訪れたのは9月でした。 この時はホント絶景でしたねー! グラス・ボートに乗って湾内のサンゴ見学、海の底の絶景にも感激したことを思い出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

レンタカーでの「八重山ひとり旅〜石垣島をドライブ」でしたが、だいたい島内の感じが掴めました。 次は昨年訪れた「西表島」に再上陸し、レンタカーで探索したいと考えています。



HIRO
0

八重山ひとり旅〜 石垣島の路線バス    

12月6日(金)から10日(火)まで4泊5日の日程で、沖縄県・八重山諸島まで勝手気ままな "ひとり旅" をしてきました。 その旅のブログ・リポートです。 

クリックすると元のサイズで表示します

石垣空港から離島ターミナルのある石垣市中心部へ行こうとする場合、レンタカー、タクシー、路線バスといった選択肢があります。 

クリックすると元のサイズで表示します

今回のひとり旅では、石垣島を路線バスで回ろうと計画していました。 東バスの「みちくさフリーパス」という乗車券がこの旅にピッタリだからです。

クリックすると元のサイズで表示します

東運輸のサイトから

旅行5日間の天気ですが、予報では結構荒れ模様・・・ 
東バスの時刻表を研究すると、生活路線でもある空港線以外は運行本数が極端に少なく、島を名所沿いに半周するには1.3キロ程度歩いて他路線のバスに乗り継がないと行けない場所があることに気付きました。(伊原間〜船越バス停間) つまり、天気が悪いと歩くことは難しいということ・・・

なので、東バスの「みちくさフリーパス」での石垣島路線バス一周はあきらめ、離島ターミナルへはちょうど発車前だった(東バスとライバル関係にある)カリー観光の直行便を利用することにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

カリー観光の路線バスは離島ターミナルまで約30分、運賃は500円。 一方、生活路線の東バスは540円で35分くらい時間がかかります。 大きなスーツケースを抱えた私にはノンストップのカリー観光のバスの方が早くて便利。 途中のバス停に停車しないので乗っていても気楽です。 
早速乗り込んだバスは、6日金曜日の午後5時前ということもあり乗客は私と地元のおばさんの2人だけでした。

クリックすると元のサイズで表示します

旅のブログ・リポートはこの後書くとして、旅の最終日へ一旦飛んで10日火曜日です。 

午前10時半。 離島ターミナルから石垣空港へ帰る路線バスは、島民の足である東バスに乗ってみました。 東バスの乗務員さんはとても丁寧な運転で(カリー観光も安全運転でしたけど)、石垣市街の生活道路を経由しながら35分くらいで空港へ到着しました。 


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、平日の午前中なのですが一般の乗客さんが多く、スーツケースを抱えた空港利用客にはちょっと厳しいかな・・・という印象でした。 
滞在中に利用して石垣島の名所を回るのなら、ローカル気分満載で楽しい路線バスの旅になりそうです。(密かに再チャレンジ?)


HIRO
0

八重山ひとり旅〜 岩国>石垣島  

12月6日(金)から10日(火)まで4泊5日の日程で、沖縄県・八重山諸島まで勝手気ままな "ひとり旅" をしてきました。 旅の予約は 「ANA旅作」 。 航空券と宿泊以外はまったくのフリープランなので、計画性のないひとり旅にはぴったりです。

クリックすると元のサイズで表示します

ANAのCMをするつもりはありませんが、私が 「ANA旅作」 を選ぶ理由は以下のとおり。

------------------------------------------------------
・ANAは山口県内2空港(山口宇部、岩国)に就航、各駐車場も無料※
 ※宇部は無制限、岩国は5日間無料
・岩国錦帯橋空港は沖縄(那覇)便が1便あるので、先島諸島へ乗り継げる
・ANA旅作は出発の3週間前までは、何度でも無料で取消し・変更ができる
・ANA旅作は早割り格安運賃が適用され、WEBクーポン利用で更にオトク!

------------------------------------------------------

私のお気に入りの沖縄は、夏から秋にかけてたくさん台風がやってくるので(今年は12月初めまでやってきた)旅行の日程を決めるのは賭けみたいなものです。 実際、今回の旅は9月に台風で中止となった計画のリベンジ。 9月のときは出発の5日前にやむなく取り消しをかけたのですが、飛行機は予定通りフライトをしており、 しっかりキャンセル料を取られました・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

前置きが長くなりましたが、今回の旅の出発点「岩国錦帯橋空港」です。
12月6日(金)岩国 11:30 - 沖縄(那覇)13:35 ANA1267 で乗り継ぎする那覇までフライトします。ちなみに、岩国空港は米軍岩国基地内にあるため、航空機内から空港の様子を動画や写真を撮影することは禁止されています。



クリックすると元のサイズで表示します

沖縄・那覇空港は雨でした. 空港内はビジネス客やツアー客、修学旅行客で溢れていました。 さすが大空港です! 私のひとり旅は更にその先、「先島」へと続きます。

那覇空港38番バスゲートから一旦バスに乗り駐機場へ. そしていよいよ沖縄(那覇) 14:50-石垣15:55 ANA1771で 石垣空港へ向け出発です!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

16:00 「南ぬ島(ぱいぬしま) 石垣空港」へ到着! 南の島も雨でした。

先ずは、空港内のフード・コートで腹ごしらえ・・・ 名物の八重山そばです。 いやー、遥々と八重山諸島まできましたね〜と実感が湧いてくるそばの味です。

クリックすると元のサイズで表示します


HIRO
0

アケビの実が成りました!  

我が家の庭にミツバアケビを植えています。
今年は2つほどですが、アケビらしい実が成りました。

クリックすると元のサイズで表示します

ユウゼンカズラとツルが共生しているので、ちょっとわかりずらいですよね・・・

ひとつ収穫してみました。 なかなか結構いい形です!

クリックすると元のサイズで表示します


HIRO
0

JRバス スーパーはぎ号  

「JRバス スーパーはぎ号」新山口駅行きに乗車してきました。
「スーパーはぎ号」は中国JRバスと防長交通が共同運行しており、JR東萩駅と
JR新山口駅を中国道経由で結ぶ陰陽連絡の準高速バスです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

初代「特急はぎ号」は一般道を最短で約1時間15分(大田経由=防長)で結んで
いましたが、小郡萩道路の完成で中国道経由を経由するようになりました。
 
「スーパーはぎ号」は東萩駅⇔新山口駅間を1時間10分〜15分と、初代と比べ
時間的にはほとんど短縮していないのですが、萩バスセンター、そして次の萩明倫
センターを出発すると、JR新山口駅までは高速経由でノンストップ運行。気分的
にはまったく違います。定時性も確保され、すごく快適です!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

運賃も割引があり、大人1550円。 
なんと、同区間を一般道経由で走る路線バスより500円くらい安いんです!

到着したJR新山口駅バスターミナルでは、ハローキティ新幹線の運行に合わせた
デザインの東萩駅行きJRバス「スーパーはぎ号」が止まっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

撮影:2019年10月8日  HIRO
0

JR観光列車○○のはなし  

10月6日 日曜日、JR新下関発 東萩行き山陰本線「観光列車○○のはなし」に
乗ってきました。
2両編成の全席指定で、種別は"快速"です。→ JRおでかけネット

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

○○の"はなし"
は → 萩市
な → 長門市
し → 下関市

列車の走る沿線の市名と掛けているそうです。

9時59分、列車は新下関駅を出発すると一旦山陽本線を下り、下関駅に入ります。
ここでは、たくさんのお客さんが乗り込んできました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

10時21分、JR下関駅の職員さんたちに見送られて出発。列車は再び山陽本線を
上り、幡生駅から山陰本線へと入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

列車は響灘を左手に眺めながら海沿いを走ります。
途中の絶景ポイントでは、しばらく停車してくれます。このエリアの山陰本線は数時間
に1本程度の普通列車しか走っていないので、線路上でしばらく止まっても他の列車の
運行に問題がありません。

でも、並走する国道191号線のカードライバーたちが「この列車どうしたんだろう?」
と不思議な顔をして通り過ぎてゆきます・・・。そして絶景に気付いたライダーたちは、
列車の前方にバイクを止めて海を眺めていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さて、二見の夫婦岩を過ぎると列車は山間の滝部駅方面へと向かうので海とは暫くお別れ。

11時30分、お弁当タイムです! 事前に予約していた長府・小串屋の「夢のはなし弁当」
です。指定した時間に席まで運んでくれます。下関の老舗料亭の自信作。おいしそう! 
で、お値段の方は2600円(税込)でした。(今日はちょっと奮発?)
お酒類も車内の売店で売っていますので最高の肴になりますよ!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

列車は日本海沿いに絶景の海岸線をゆっくり走り、昼食を終えたころ列車は長門市駅に到着。

ここでもJR職員さんたちの歓迎がありました。下り新下関行き列車は長門市駅から山陰線
の支線に乗り入れ、港町・仙崎駅まで行くようですが、この上り東萩行き列車は残念ながら
この先も本線だけを走ります。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

長門市駅からは萩市観光協会の職員さんが乗車し、萩市の観光案内を始めます。
豪華列車 「 瑞風 」の運行日には、行き違い駅で「 瑞風 」を待たせて、この観光列車が先に
通るとの説明もありました。快速(庶民)列車がお金持ち列車を待たせるなんて、ちょっと
嬉しいかも・・・。

萩駅では(おそらく)観光協会の職員さんたちがお出迎えです。 終点到着後、萩駅など萩の
鉄道の歴史を辿るオプションツアー(無料)の案内も列車内でありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「観光列車○○のはなし」の終着、東萩駅到着です。

この後、オプションツアー参加者は観光協会の職員さんが案内するタクシーで目的地まで
行きます。私は地元なので今回は萩観光することなく、このまま陰陽連絡バス「スーパー
はぎ号」でJR新山口駅へ戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この列車は「快速」なので、運賃と指定席券(要予約)で乗車できるので、リーズナブル
な日帰り旅行が楽しめます。みなさんも、是非 "乗り鉄" されてはいかがでしょうか!!

HIRO 
0

仁保ぶどう  

もうじき10月、実りの秋本番ですね。
山口市仁保は、ぶどうや桃などの生産、観光狩りが盛んな地域です。
このシーズンになるのを、いつも楽しみに待っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夏のお天気が不順だったため、色ずくのが少し遅くなったようです。
待った甲斐があり、今年もおいしいぶどうができました!

HIRO
0

Mont・Bellが開店!  

近所にアウトドアショップの Mont・Bell (モンベル)が開店しました。
山口県では初の出店で、中国地方最大の規模だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中国道山口インターに直結!
我が家からも近くでアウトドア・ファンのワタシにはうれしい限りです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ジェット・ボイルを購入しました。 来週のキャンプが楽しみ!です。

HIRO
0




AutoPage最新お知らせ