2009/5/12  0:43

南山探索 その2  南山

南山探索シリーズ第2弾は、昨日の続きでありがた山で撮った写真をアップします。少し前まで冬枯れていたありがた山も、いつの間に春の野草や花に彩られて、一気に賑やかになった感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, Tamron SP AF 17-50mm F.28
0
タグ: K10D SPAF17-50

2009/5/10  22:21

南山探索 その1  南山

この前の連休中、いつもブログを通してのお付き合いだった ボーノ氏 と実際にお会いして、稲城ミニ撮影会を実施してきました。行き先はありがた山から南山の一帯と言う事になり、私としても久しぶりに、ありがた山へ行ってきました。

いきなり首の落ちた石仏の写真で、不吉な思いをさせるようで恐縮ですが、以前と比べて、ありがた山の石仏群の様子が、少し変わったように感じる点が幾つかありました。単なる気のせいかも知れませんが‥‥

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, Tamron SP AF 17-50mm F2.8
1
タグ: K10D SPAF17-50

2009/4/16  23:02

ありがた山にて  南山

またまたありがた山で撮った写真をアップします。

名前の分からない紫色の花が群生していました。そこに日が差し込んで来て、何とも言えない雰囲気でした。実はこの時に腹這いになって接写をしていたら、服がかなり汚れてしまったのが、レフコンバーターを買う直接の理由でした。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax MZ-S, FA☆24mm F2 AL
Kodak EB-3, Epson F-3200
1
タグ: MZ-S FA☆24mm

2009/4/8  0:56

崖の上の尾根道  南山

しばらく前にアップしていた、ありがた山〜南山の写真へ戻ります。

ありがた山の斜面を登り切ったところを右に伸びる道が、京王線の車窓から見える崖の上の尾根道です。いつも時間的な制約上、途中の仏舎利がある辺りで引き返し、仕事に向かう事になってしまうので、このときは極力途中で立ち止まらずに、奥の方まで歩いてみる事にしました。

と言いつつ、途中で立ち止まって撮った写真2枚をまずアップします。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax MZ-S, FA☆24mm F2 AL
Kodak EB-3, Epson F-3200


0
タグ: MZ-S FA☆24mm

2009/3/23  23:55

ありがた山 その2  南山

昨日の続きで、ありがた山で撮った写真をアップします。

この場所へは時々写真を撮りにきているので、あまり同じ様な写真にならないように意識はしていますが、どうしてもこの石仏群に心が惹かれてしまい、素通りする事ができません。今回は石仏群が整然と並んでいる斜面全体の様子を狙ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax MZ-S, FA☆24mm F2 AL
Kodak EB-3, Epson F-3200


0
タグ: MZ-S FA☆24mm

2009/3/22  22:41

ありがた山  南山

南山の工事がついに始まり、かなりの数の気が既に切り倒されてしまったのは、先日アップした 記事 の通りです。もしこのまま工事が進んでしまうと、近い将来この辺りの様子は一変してしまう事でしょう。今の姿を写真に収めるには今しかもう機会がないので、最近は時間の許す限り、南山周辺へ出かけるようにしています。

よみうりランド側のありがた山へは長い事行ってい無かったので、今月の初旬に久しぶりに一度行ってきました。

一枚目は、私が惹かれている被写体の一つである、枯れたアジサイです。もう少し背景を選んで撮らないと、メインの被写体が背景に埋もれてしまいますね。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax MZ-S, FA☆24mm F2 AL
Kodak EB-3, Epson F-3200

0

2009/3/11  16:57

南山について  南山

南山問題に取り組んでおられる、さる方から、先ほどメールを頂きました。
その内容をこちらでもご紹介させて頂きます。

以下頂いたメールを一部転載します。

------------------------------------------------------------------------

昨日非常にショッキングな写真を入手しました。
崖地の裏で、非常に広い範囲で樹木が伐採されてしまいました。

まだ切り株が残っています。
切り株は生きており、数年で、何本もの幹が再生し、成長してきます。

まだ生きた根が残っています。
密に生えていた樹林の根はたがいに絡まり合い、地表近くの土をしっかりと結びつけ、
崖が崩れるのを防ぐ力になっています。

これから工事は抜根作業に向かうと思われます。
抜根が進むと崖地は非常に危険な状態になります。

降った雨水は地中に浸透しやすくなり、崖崩れを起こしやすくなります。
豪雨の時期は特に危険になります。
京王線側の住宅街・・・

崖崩れとは別に、低い方向への土砂流も危険です。
組合事務所の付近から稲城駅方向に土砂流が起こったら・・・

皆様それぞれの可能なルートを生かして、組合、市長、都知事に対し、
崖の上の土地での危険な抜根作業を行わないよう、働きかけていただけないでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

------------------------------------------------------------------------

この写真は、ご自由にお使いくださいとの事です。この問題に興味をお持ちの方は、どうぞご自由にお使いください。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 多摩情報へ

0



AutoPage最新お知らせ