2011/4/10  16:24

周辺減光を考える  機材

DA14mm を購入以来気になっていた開放絞りの時の解像感を検証するため、先ほどの記事でアップした水仙で色々試してみました。結果としては、ファインダー内でしっかり捉えられるくらいの大きさの被写体であれば、開放でもしっかり解像していると思います。という事でまずは一安心だったのですが、もう一つ面白い事に気づいたので、改めて別記事をアップする事にしました。

それがタイトルの通り周辺減光についてなのですが、このレンズは開放で撮ると周辺減光がかなり気になるレベルなので、青空が入る構図などでは開放は使わない方が良いと判断しています。下の写真は F2.8 開放で撮っていますが、私にとってはこれで OK カットです。レンズの名誉の為に一つことわっておくと、下の写真でシベにピントがきっちりと合っていないのは私の技術不足です。このレンズは最短撮影距離が 17cm と非常に短いのですが、手持ちでレフコンバーターを使ったローポジションでギリギリまでよっているので、僅かな前後ぶれでも顕著にピントが甘くなってしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, DA14mm F2.8 ED (IF), レフコンバーター
1/40, F2.8, ISO 200
0

2011/3/30  22:52

DA14mm F2.8 ED (IF)  機材

またしても長らく放置してしまいましたが、この間に東北関東大震災がありました。まずこの震災で犠牲になられた多くの方々のご冥福をお祈りすると共に、今も出口の見えない避難所暮らしを強いられている大勢の方々に、一日も早く平穏な暮らしが戻ってくる事を心より願っています。

私は11日は週末と言う事もあり、たまたま妻と子供を連れて仕事場にしている実家へ行っていたので、あの日はそのまま実家へ泊まりました。地震直後に家族の安否を気遣う必要も、徒歩で長距離を帰宅する必要も無く、そう言う意味では非常に恵まれた状況にいました。ただ、台湾での原発に対する報道がかなり過熱しているようで、向こうの家族がとても心配していたので、顔見せの意味も込めてかみさんと息子を台湾へ一時帰国させてしまいました。

今月末は昨日から3連休で、本来ならあれやこれやと楽しみな連休になるはずでしたが、やはりあの震災後は、直接は被災していない私でも、どこか心に穴が開いてしまったようで、何かを積極的にする気が全くおきません。しかし直接被災していない我々は、極度の自粛ムードに浸らずに、ある程度積極的に行動していかないと、消費も落ち込む一方で、益々停滞ムードに拍車が掛かってしまうのも事実なので、そろそろ趣味も含め、普段の生活のペースに戻らないとな、と考え始めました。

そうなってくると浅ましいもので、最初に考えたのが気分転換に新しいレンズでも買いたいな〜でした_| ̄|○ 元々 645判 の超広角単焦点 645 35mm が欲しくて、中古カメラ屋のサイトや、オークションを定期的にチェックしていまいした。ここ数ヶ月は、そろそろ良いのを見かけたら買おうかなと思っているのですが、そう言う時に限って、全く見かけなくなってしまいました。そんな折に中野のフジヤカメラで Pentax セールをやっていて、APS-C判の超広角単焦点レンズ、DA14mm F2.8 がかなりの特価だったので、遂に購入してしまいました。これも随分前から欲しかったレンズの一つなので、漸く手に入れました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/11/4  23:45

FA35mm 試し撮り  機材

昨日ご紹介した新レンズ、FA35mm が絞り込んで撮るとどんな感じかとても興味があったので、今朝家の窓から都心方面を撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, FA35mmF2AL

開放の時の、ちょっと柔らかすぎるんじゃ無いか?という描写からは一変して、かなり切れの良い描写でとても気に入りました。解像感も申し分無く、さすが隠れスターレンズと言われているだけの事はあると思います。

* にほんブログ村 写真ブログへ
1
タグ: K10D 35mm

2010/11/3  23:34

FA35mmF2AL  機材

私から改めて説明する事でもありませんが、焦点距離 50mm のレンズは、人間の視野に近い自然な画角で、古くから標準レンズとされています。また、この焦点距離はF値の小さな明るいレンズを安価で設計できるようで、50mm F1.4 というのが、銀塩時代の最も一般的な標準レンズです。

APS-C 判のデジイチの場合、焦点距離 35mm のレンズが、 標準レンズ相当の 53.5mm の画角になります。他社に目をやると、ニコンやソニーは APS-C 判専用に 35mm F1.8 の標準レンズを用意していて、量販店で3万円以下、価格コムの最安値では2万を切っている事もあります。

私も手軽に使えてF値の明るい APS-C 用の標準レンズが欲しいなと前から思っています。しかし、ペンタックスの DA レンズのラインナップからは、手値な値段の 35mm 標準レンズが長い事抜けていました。Limited シリーズで、35mm マクロレンズと言う面白いレンズがあるのですが、大型量販店では5万円以上で売られていて、手軽な標準レンズと言うにはちょっと高すぎます。

また、焦点距離 35mm の単焦点レンズは、銀塩時代は準標準レンズとも言われた定番レンズなので、当然ニコンもペンタックスも、フィルム一眼用の 35mm の単焦点レンズを作っています。しかし、ニコンの DX35mm は、カタログを素人目で見る限り、銀塩時代の AF 35mm F2 とは違う光学系を新たにデジタル用に設計している様に思われます。

等と色々考えながら、我らがペンタックスは一体どうするだろうか、と興味津々で長い事待っていました。そして遂に先日、 K-r の発表と同時に、 APS-C 判の 35mm 標準レンズ、 DA35mmF2.4AL が発表されました!!

おそらく光学系も新たにデジタル用に設計されていると思います。しかし、何故 F2.4?? ペンタックスはデジタルでも面白い単焦点レンズをたくさんラインナップしていますが、全体的に最小F値が暗めのレンズが多いのは少し気になります。最近のデジイチは高感度性能が素晴らしいらしく、K-5 もそれを盛んにPRしているから、F値の大きさにこだわる必要は余り無いのかも知れませんが、他社と同じようにせめてF1.8 にしてくれれば迷わず買ったのに‥‥

こうなると俄然気になるのが、隠れスターレンズとも呼ばれる FA35mmF2AL です。特に最近 LX なんかも使う様になって、フィルム一眼の出番が増える一方だし。

フィルム一眼用の広角レンズは FA20-35mm を持っているので、今までこの FA35m を考えた事は殆どありませんでした。しかも、このレンズはフィルム一眼用の広角単焦点レンズなので、それほど安くはありません。特に数年前にペンタックスが FAレンズの一斉値上げをしてからは、大型量販店では4万円以上で売られるようになり、食指が全く動かなくなりました。ただ、子供を撮る様になってからは、室内でも早いシャッターが切れる、明るい広角レンズが1本必要だなとは思っていました。

DA35mm の発表があった事と関係があるのか、最近少し FA35 の値段が下がり始めています。新宿のマップカメラでは、なんと \32,800 と言うちょっと破格の安値。しかし、ポイントが1万円以上溜まっているので、できればヨドバシで買いたいところですが、ヨドバシの売値は \46,800です。とりあえずヨドバシへ行って、ダメ元で交渉してみたら、すんなり \32,800 にしてくれました‥‥と言う訳で今更ながら FA35mmF2AL を買ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
2
タグ: 35mm Pentax

2010/10/13  0:38

LXチタン  機材

私の父は古くからのペンタックス党で、今も実家には MZ-5, Z-1, LX チタンと、3台のフィルム一眼レフが眠っています。LX チタンは今まで勿体なくて持ち出す事ができなかったのですが、最近ちょっと使って見たくなり拝借して来ました。

FA*85mm F1.4 を付けて
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: LX

2009/7/23  22:52

FA645 150mm [IF]  機材

645NII は 75mm の標準レンズ一本勝負で行く、等と言っておきながら、新宿の中古屋をのぞいた時に、FA645 150mm F2.8 の美品を安く売っていたのを見つけて、思わず衝動買いしてしまいました。このレンズは 35mm 判換算で 90mm 相当の画角で、ポートレイトでは定番のレンズだそうです‥‥ってポートレイトなんて普段全く撮らないじゃん(汗)

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax 645NII, FA645 150mm F2.8
Fujichrome RAP-F, Epson F-3200
1
タグ: 645NII FA150mm

2009/6/10  22:47

軟調リバーサル  機材

軟調なリバーサルフィルムと言えば、なんと言ってもフジのアスティア100Fで、私には無縁の世界ですが、ポートレイトでは定番のフィルム見たいです。私は今まで一度も使った事がありませんが、特に花を撮る場合等、硬調のフィルムで色鮮やかに撮るのも良いけど、柔らかい感じで撮るのも良いのではないか?と前から思っていました。

先日ヨドバシのフィルム売り場へ寄った時に、使用期限の迫っていたセンシアを¥250で売っていたので、一本買ってみました。センシアはアスティアの廉価版で、画作りに関する基本的な部分はアスティアと同じ傾向だと思いますので、とりあえず試してみるには丁度良いかなと思い、色々撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax MZ-S, DFA 50mm Macro F2.8
Fujichrome RAIII, Epson F-3200
0
タグ: MZ-S AT-X280 DFA50Macro



AutoPage最新お知らせ