2013/11/7  14:18

開発ラッシュの隣で  稲城及び周辺

私たちが住む向陽台は、多摩ニュータウン計画によって大規模開発されたエリアで、その時に昔の痕跡は徹底的に消されているようで、里山の面影を偲ぶ事はできません。しかし通りを一本渡った百村という地区は開発がまだまだ途上のようで、おそらくは元々の里山風景の名残と思われる畑もわずかに残っています。しかし昨今の開発の勢いは凄まじく、あたりはどんどん住宅になっていきます。

今でもわずかに残っている畑をみるにつけ、いつまでも残って欲しいと心から思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以上 Pentax K-5IIs, DFA50mm F2.8 Macro

早い物で、私たちが稲城市の平尾団地に引っ越して来たのが2005年8月。向陽台には2009年12月。ずーっと市内のいたるところで開発が行われていますが、特に最近ピッチが上がっている気がします。

細かい数字は統計や予想ごとにまちまちですが、東京の人口も2020年代には減少に転じ、50年後には2割程度減ると言われています。そうなれば都心回帰が当然おこる訳で、言い換えると稲城辺りの未開発の山畑を売るなら今が最後のチャンスなのかもしれません。まあ赤の他人がつべこべ言う事ではありませんが、どうせこの先人口が減って資産価値もなくなる様な宅地を造るために、せっかく21世紀まで残して来た物を無くしてしまうのは寂しいですね。

平尾から坂浜に至る山の一帯でも超大規模な開発が行われていて、南山もいよいよこれからが本番。いったいこの先稲城市はどれくらいの人口流入を期待しているんでしょうね?稲城に住んでいると、右肩上がりの高度経済成長の真っ只中にいるような錯覚をおぼえます。
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ