2013/3/31  21:58

DXO FilmPack  機材

いつだったか忘れましたが、以前 RAW 現像時のフィルム風仕上げに興味があって、DXO FimPack 等を調べた事がありました。その時は体験判をインストールして少し使って見たものの、値段が1万円近くて高く感じたので、そのまま忘れていました。先日 DXO からキャンペーンのメールが来て、DXO FilmPack が¥5,000 引きで \4,900。3/31までのキャンペーンだったので、試しに買ってみました。

話は変わりますが、今日は今シーズン唯一のチャンスで、我が第二の故郷、平尾団地の桜並木へ撮影に行って来ました。ここで撮った一枚を使って少し遊んでみます。

先ずは DXO のベルビア50で現像してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

お次はカメラ内でカスタムイメージ、リバーサルを選んでRAW現像してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

DXO のベルビア50と Pentax 純正のリバーサル仕上げ、どちらも傾向が非常に似ていると感じます。DXO の方が若干アンダー気味ですが、そもそもベルビア50は実効感度が 1/3EV アンダーの ISO40 と言われているので、そこまで忠実にフィルムを再現しているのかなとも思えます。ただ、この仕上がりだったらカメラ純正のカスタムイメージで充分なので、もっと他の仕上がりで検証した方が良さそうでした。

比較のために次は同じくカメラ内 RAW 現像、カスタムイメージ風景

クリックすると元のサイズで表示します

そして最後は リサイズのみの JPEG 撮って出し、カスタムイメージ雅

クリックすると元のサイズで表示します

以上 Pentax K-01, FA★24mm F2

被写体にも依るのかも知れませんが、個人的には雅と風景の二つは、発色の傾向が似ていると感じます。どちらもヌケの良いスカッとする様な画で気に入っています。改めて比べてみて、風景の方がシャドーが締まっていてコントラストが高めで、彩度も若干高めかなと感じます。普段はカスタムイメージを事前に決めて JPEG で撮っていますが、この二つで迷う事が多いです。

ちなみに、最近のペンタックスのカメラは、直前に撮影した一枚のみ、後から RAW で保存出来るんですね。私は普段は JEPG でしか撮らないんですが、今日はこのソフトを使って遊んで見たかったので撮り終わった後から RAW で保存しました。この機能は便利だなあと今更ながら感心です。って普段 JPEG でしか撮らないなら、こんなソフト要らないじゃん!?
0
タグ: RAW現像  平尾団地



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ