2011/6/26  23:24

防湿庫  機材

必要は感じながらも中々購入に踏み切れない機材に防湿庫があります。今まではドライボックスに乾燥剤を入れて機材を保管していたのですが、645を購入した頃からスペースが足りなくなって来て、いくつかの機材は除湿剤を入れたクローゼットの中で保管する様になってしまいました。最近は写真を撮る機会が激減していて、機材も放ったらかしの事が多いので、せめて良い環境で保管しておきたいと思い、防湿庫を購入してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

防湿庫は東洋リビングとトーリハンが2大ブランドの様ですが、お店で話を聞いてもカタログを見ても基本的な機能に殆ど差は感じません。単純に私のニーズにサイズ的に最もちょうど良かったトーリハンの H-115WD-MII を選びました。やはりあの震災後は地震の事を考え無い訳には行かず、そうなると横長のタイプの方が安心感があります。

機材は全て問題なく収容出来て、更に上にはプリンターやスキャナーも置く事が出来てとても便利です。庫外と庫内の湿度が一目で分かるデュアル湿度計も大変便利で、おかげで今まで全く意識していなかった湿度と言う物を生活の中で意識する様にもなりました。ちなみに夜等庫外の湿度が高い時も、窓を開けて空気を入れ替えてやるとあっという間に湿度は 5%~10% くらい下がるので驚きです。

クリックすると元のサイズで表示します

最近は本当に出番の減ってしまったカメラ達ですが、防湿庫の肥やしにさせない様に頑張らないと(汗)

にほんブログ村 写真ブログへ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ