2011/3/30  22:52

DA14mm F2.8 ED (IF)  機材

またしても長らく放置してしまいましたが、この間に東北関東大震災がありました。まずこの震災で犠牲になられた多くの方々のご冥福をお祈りすると共に、今も出口の見えない避難所暮らしを強いられている大勢の方々に、一日も早く平穏な暮らしが戻ってくる事を心より願っています。

私は11日は週末と言う事もあり、たまたま妻と子供を連れて仕事場にしている実家へ行っていたので、あの日はそのまま実家へ泊まりました。地震直後に家族の安否を気遣う必要も、徒歩で長距離を帰宅する必要も無く、そう言う意味では非常に恵まれた状況にいました。ただ、台湾での原発に対する報道がかなり過熱しているようで、向こうの家族がとても心配していたので、顔見せの意味も込めてかみさんと息子を台湾へ一時帰国させてしまいました。

今月末は昨日から3連休で、本来ならあれやこれやと楽しみな連休になるはずでしたが、やはりあの震災後は、直接は被災していない私でも、どこか心に穴が開いてしまったようで、何かを積極的にする気が全くおきません。しかし直接被災していない我々は、極度の自粛ムードに浸らずに、ある程度積極的に行動していかないと、消費も落ち込む一方で、益々停滞ムードに拍車が掛かってしまうのも事実なので、そろそろ趣味も含め、普段の生活のペースに戻らないとな、と考え始めました。

そうなってくると浅ましいもので、最初に考えたのが気分転換に新しいレンズでも買いたいな〜でした_| ̄|○ 元々 645判 の超広角単焦点 645 35mm が欲しくて、中古カメラ屋のサイトや、オークションを定期的にチェックしていまいした。ここ数ヶ月は、そろそろ良いのを見かけたら買おうかなと思っているのですが、そう言う時に限って、全く見かけなくなってしまいました。そんな折に中野のフジヤカメラで Pentax セールをやっていて、APS-C判の超広角単焦点レンズ、DA14mm F2.8 がかなりの特価だったので、遂に購入してしまいました。これも随分前から欲しかったレンズの一つなので、漸く手に入れました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

どうもこの時期に高価な買い物をして浮かれている自分が浅はかに感じられて仕様がありません。しかし、余震の恐怖も大分薄らいで来た今、一個人・一消費者としては、少しずつ普段の生活に戻って行く事が、大局的に見れば日本の経済を活性化する事につながり、更には復興にも繋がって行くのでは無いかと信じています‥‥あっ、でも、もちろん節電はお忘れなく!

* にほんブログ村 写真ブログへ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ