2009/6/10  22:47

軟調リバーサル  機材

軟調なリバーサルフィルムと言えば、なんと言ってもフジのアスティア100Fで、私には無縁の世界ですが、ポートレイトでは定番のフィルム見たいです。私は今まで一度も使った事がありませんが、特に花を撮る場合等、硬調のフィルムで色鮮やかに撮るのも良いけど、柔らかい感じで撮るのも良いのではないか?と前から思っていました。

先日ヨドバシのフィルム売り場へ寄った時に、使用期限の迫っていたセンシアを¥250で売っていたので、一本買ってみました。センシアはアスティアの廉価版で、画作りに関する基本的な部分はアスティアと同じ傾向だと思いますので、とりあえず試してみるには丁度良いかなと思い、色々撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax MZ-S, DFA 50mm Macro F2.8
Fujichrome RAIII, Epson F-3200

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax MZ-S, DFA 50mm Macro F2.8
Fujichrome RAIII, Epson F-3200

せっかく名高いポートレイト向きフィルムの弟分を試す訳ですから、私が持っているレンズの中では、ポートレイト向きだと思われる Tokina の AT-X280 を付けて、ポートレイト(?)撮影も一応試してみました。モデルは久しぶりのご登場、実家の老猫タイ(18)です。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax MZ-S, DFA 50mm Macro F2.8
Fujichrome RAIII, Epson F-3200

特に最初の2枚の花の写真ですが、イメージしていた通りに撮れて、現像上がりを見て思わず嬉しくなってしまいました ^^V

たいした経験も無いくせに、風景ならこのフィルム‥等と安易に考えがちですが、そういった既成概念に捕われず、もっと自由にフィルム選ぶ事ができれば、リバーサルで撮る楽しみが倍増しそうだと、今更ながら思いました。

ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ *
0
タグ: MZ-S AT-X280 DFA50Macro



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ