2008/4/7  20:36

千鳥が淵の夜桜  お出かけ

少し前になりますが、3月29日の日曜日に満開を迎えている千鳥が淵へ夜桜を目当てに出かけてきました。まずはお祭り気分で靖国神社の屋台でお腹を満たしてから、千鳥が淵へ行こうとしてビックリ!! 九段下の駅の方から長蛇の列で、とても並ぶ気にはなれません。そこで当ても無く北の丸公園の方へ歩いて行ったら、ちょうどライトアップされた桜の、お堀を挟んで反対側へ出る事ができました。

この日は、この桜の季節に狙いを定めて購入したばかりの新兵器、Tamron の 17-50mm F2.8 も持って行きましたが、焦点距離の長いレンズを使いたかったので、Tokina の 銀塩時代の大口径標準ズーム AT-X 28-80mm F2.8 をメインで使いました。このレンズは私の大のお気に入りなのですが、逆光状態ではフレアやゴーストが半端じゃなく出ます。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, Tokina AT-X280 AF PRO, 三脚


クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, Tokina AT-X280 AF PRO, 三脚

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, Tokina AT-X280 AF PRO, 三脚

すべて三脚にカメラをセットして、長時間露光で撮影しています。絞りを開放にしてシャッタースピードを確認して、それを目安に実際の絞り値でのシャッタースピードを計算します。数学の全くできない私は、頭から湯気を出しながら、相反則を一生懸命考えます。そして、経験の浅いバルブ撮影で、イメージ通りの露出を得られた瞬間は、人ごみの中でも思わず「よっしゃ!」と叫んでガッツポーズをしてしまいます(汗) 多分周囲の人たちはものすごい傑作を撮っていると思っているんでしょうね(笑)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ