2015/8/14  23:36

富士山はどこ?@パノラマ台  お出かけ

実は今は夏休みで、妻が子供を連れて台湾に長期帰省中です。最近ブログや写真へのモチベーションが上がっている一番の理由です。そうなると俄然楽しみなのが週に一度の水曜日のお休み。今回は何処が良いか散々悩みました。そして、山中湖にある、花の都公園で、ひまわりが見頃である事がわかり、富士山をバックにひまわりを撮りに行く事に決めました。

そこから更に色々調べて行くと、なんと8月13日はペルセウス座流星群の極大日で、前後2〜3日が観測のチャンスである事がわかりました。 そこから一気に興味が膨らんで、付け焼刃で星景写真の事、流星群の事など片っ端から調べました。そして、多くの情報サイトで、近郊の観測お薦めスポットに、山中湖のパノラマ台があげられていました。

これは行くしかないでしょう。天気予報を数日前からチェックしていると、どうも当日は雨から良くて曇り。流星群はおそらく無理ではなかろうかと思いながらも、まあ雲が出ている所に朝日が昇ってくれば、朝焼けがとれるかな?なんて期待して、仕事が終わっていったん帰宅して、日付が変わる頃、山中湖へ向けて出発しました。

今回初めて高速を使わずに、橋本から国道413号線で行ってみました。途中は峠道もあり、走りや天国のような感じで、辟易しながらも、実質2時間も掛からずにパノラマ台に到着。到着直後、外に出てみると、うっすらと晴れ間がのぞいていて、星も僅かに見えていました。これはラッキーと思いながら、とりあえずトイレをすませて、あたりの様子を一通り見回してから、再び空をみたら、何と完全な曇り空に。星は全く見えません。天気予報を見ても、日の出までに晴れる様にはとても思えなかったので、アラームをセットして仮眠。

アラームに起こされて外に出てみると、空が白み始めています。空が明るくなるに連れて、全容が判明。な、な、なんと、厚い雲が覆い被さっていて、目と鼻の先の富士山は、全く見る事ができません。完全に日が昇りきってしばらくすれば、雲が晴れる事も多いと、良く来ていると言う方が言うので、しばらく待ちましたが、全く様子が変わるそぶりも無いので、早々と撤収して場所を変える事にしました。明け方2時からスタンバイして、巡り会ったこの朝の景色。

クリックすると元のサイズで表示します
0



AutoPage最新お知らせ