2007/7/9  23:20

青渭通りの田んぼ  稲城及び周辺

今日は一枚だけです。

稲城駅から稲城市役所へ行く途中に、鶴川街道から川崎街道へ抜けられる青渭通りという通りがあります。今は道路は当然舗装されていて、商店や飲食店もある、どちらかと言うと商店街の様な感じの通りですが、この通りにビルや住宅に囲まれた田んぼが一枚あります。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax *istDL2 DA40mmF2.8Limited

ここを通る度に、この田んぼを手がかりに、昔のこのあたりの様子を想像しています。よく見ると、この通り自体が、田畑の中を通るあぜ道だった様に思えます。

昨日の東京新聞で、昭和30年代の世田谷区鎌田の様子を紹介していましたが、一面の田園風景でした。ここ40年くらいの急激な開発の凄まじさを改めて思い知らされました…と言いながら、私達家族もそういった開発によって作られた環境で生活してきましたが…

昔から脈々と受け継がれて来た日本の原風景や生活様式、そういった物を感じさせてくれる物が、稲城には今も少なからず残っています。しかし今も急ピッチで進む開発によって、10年後には今見ている風景が一変しているかも知れません。だからそのとき見た景色との一期一会の出会いを大切にしながら、一枚一枚写真に収めて行きたいな、とこの場所を通るたびに思います。
0



AutoPage最新お知らせ