hoops☆blog

SuperMotard MOTO-1Rider☆Kazuhiro Inada☆ official website

 

カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

検索



このブログを検索

最近の投稿画像

最近の投稿画像
世間は連休みたいで…

最近の投稿画像
09マシン☆初乗り

最近の投稿画像
職人技・ピンストラ…

最近の投稿画像
メーターと言えば!

最近の投稿画像
今日はバレンタイン…

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

MOTO-1 オールスターRd。2長野レポート

 遅くなりましたが、先日のRd.2長野のレースレポートです。

前日練習&予選(ドライ)

まだ山頂部には雪が残る長野県 伊那サーキットにて全日本 第二戦が開催されました。地元、松山では桜は散っていたのに.....伊那サーキットの桜は満開でした!

 何年かぶりの伊那サーキット。ココ伊那サーキットはコースも広く、ダートの土質もいい日本で数少ない本格的なモタードコースです。
 
まず、午前中に3本の練習枠
やはり、地元ライダーに教えてもらうのが一番近道なので、離されても何度も後ろについて、いろいろラインを学びます。この練習の段階ではダートが使用されず、ジャンプ台のみ設置。

3本目には、地元ライダーの1秒落ちまで縮める事が出来、いい感触。この時点のコースレイアウトではアプリリア有利な高速ゾーンがありました。

午後から時計予選
午後になると、1箇所ダートが追加されてアプリリア有利だったコーナーが1箇所なくなります。
ダートの出口の処理がうまくいかず、時計予選 15番手で1日目は終了。 クルーと話しながら、遅いポイントは分かってるから、そこをどう走るかを他のライダーの動画を見ながら明日に備えます。
クリックすると元のサイズで表示します


日曜日 本戦、決勝日 (ドライ)
決勝日は朝から、もう1箇所ダートが追加され合計2箇所のダートでのレースです。
土曜日の時計予選のグリットで、まず予選ヒートレース。
12位〜14位で順位が入れ替わりながら、あっと言う間にヒートレースは終了。13位でフィニッシュ。 前日と同様、ダート出口でもたつく感じがあまり改善されず、タイムも伸びません。

クリックすると元のサイズで表示します


2day開催ってのもあり、スケジュールはノンビリ進みます。ポカポカ陽気で気持ちよくなり、決勝1時間前ですが仮眠してみたり。
クリックすると元のサイズで表示します


リラックスした気持ちで、決勝に望みます。いつも決勝前には「今ある実力を出し切る。悔いの無いレースをしよう!」といつも思います。
クリックすると元のサイズで表示します


決勝 13番グリットスタート
1コーナー>渋滞を避けるラインがパッと見えたので、そこに飛び込みまずまずのスタート!おそらく10番くらい?。 その後、マシントラブルで最後尾にいたIKKI選手が暴走特急の様に猛烈に追い上げてきます。たしか、3周目くらいのダートで抜かれます。11〜13位で前後しながら8週ほど終了。前にも、後ろにもライダーがいて気が抜けない状態。「どうにか前へ!」と思う気持ちと「後ろからイン刺されないように、ミスしないように」と緊張感ある状態で数週走ります。
 終盤>残り3周で13位。前は少し離れてしまい、後ろも適度に離れてバテながら周回をかさねます。残り1周のボードを確認して、「やっと終わる。。」と思った矢先...ダートの進入でスリップ転倒。エンジンが止まってなかったので、転倒後・すぐリスタート。転倒の間に2台に抜かれて、結果15位でフィニッシュ。
クリックすると元のサイズで表示します


ダートが2箇所と言うのもあり、いつも以上に終盤苦しいレースでした。残り3周位でペースも悪くなってしまい、タイムも落ちるいっぽうの展開にレース後、反省しています。

ダートの強化を目標に、次戦 Rd3広島に挑もうとおもいます。

今回も沢山のみなさんの協力でレースが出来たことを感謝いたします。
そして、会場でピットに応援に来てくれたみなさん>本当にありがとうございました。励みになりました。

稲田 和弘

今回も、勝手に写真を使用させてもらってます。松の字さん、柳沢さん有難うございました。
投稿者:□hoops
この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ