hoops☆blog

SuperMotard MOTO-1Rider☆Kazuhiro Inada☆ official website

 

カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

検索



このブログを検索

最近の投稿画像

最近の投稿画像
世間は連休みたいで…

最近の投稿画像
09マシン☆初乗り

最近の投稿画像
職人技・ピンストラ…

最近の投稿画像
メーターと言えば!

最近の投稿画像
今日はバレンタイン…

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

BMW中山サーキットフェスティバル

 今日は、岡山県中山サーキットにてプラッツ愛媛さん主催のBMWのイベントに参加してきました。 今回、モタードの走行・エキシビジョンレース。そして、平元圭太選手とボクの二人でのBMWデモランを依頼されて行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

参加者のほとんどがBMWで100台は楽に、いました!!サイドカー多数で、初めて間近でみるレーサーサイドカーに圧倒されました。このレーサーはエンジンはスズキ、フレーム、ほかカウルはワンオフっぽく、レーシーでカッコよかったです!



クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、モタードのみなさん!台数も10台以上あつまり、とても熱いレースができました。BMWな方たちも、モタの走行になるとみなさん、スタンドで観てくれて走ってるライダーもヒートアップしてました!あと、モタードのイベントよりもギャラリーも断然多かったです!けっこう大勢のギャラリーにビックリしました!写真はどちらも朝1番の状態ですが、お昼には二階のスタンドも人だらけでした。。

 練習走行から、KTMのケイタ君、ロードAの太田さんと3台で順位を入れ替えながらのバトルが最高に楽しかったです!!ロードのラインを勉強させてもらったりと面白い走行ができました。長いストレートもあるし、高速コーナーの連続で.....やはり、ロードエキスパートな方は速かった.....。モタ乗りなボクとケイタ君は何度ハンドル振られて死にかけた事か.....(笑 毎15分の走行があっと言う間に終わってしまうくらい、楽しいバトルでした。
クリックすると元のサイズで表示します


 そしてエキシビションレースは、やはりロードライダー太田さんに引っ張られながら走行するものの.....やはり速く、結果2位で終了。終了と同時に、バイクをBMW650に乗り換えて、デモ走行です。出発前にBMWのメーカーさんに「コケなかったら、何してもイイ!!」と言われて、ケイタ君と二人で「じゃーオンザバーウイリーして...ローリーエンドして...ストレートをつかってドリフトでタイトにUターンしよっか!」なんて、軽く言ってましたが......タイヤ冷えひえで初めてのるBMW.....そんなにはうまくいかずに、自分的には大失敗でした。。ABS付いてたり、ギアがすご〜くロングだったり.....デモはイマイチな感じで終了!オンザバーどころか.....コース上で二人はテンパリながら密談「ヤバイ!ウイリーやりにくいっ!重い、ギアも合わない」なんて話して、失敗気味なスタンディングウイリー少しするので一杯いっぱいでした!! ケイタくんはABS付き車でローリーエンドで盛り上げてくれて、微妙に成功?失敗?みたいなムードで終了。 
 久しぶりに、あせりまくった10分間でした(心の中では20分以上に感じました!) でも終了後には、何人かに声かけられて、褒めてもらいましたが......自分的には、ぜんぜんダメダメであれは事故でした。。 一度くらいは、練習しとくべきだった.......と後悔。

クリックすると元のサイズで表示します

これはエキシビションレースの景品。BMWのグッズをいただきました。さすが、BMW>このSETでかなりな、お値段のアパレルです。生地はしっかりしてて、いい作りの服です。

 いろいろありましたが、楽しい1日でした!参加されたみなさんお疲れ様でしたm(__)m  小排気車のみなさんは、ちょっとしんどそうでした!誰もバイクが壊れなくてよかったです。。
投稿者:□hoops□
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ