2016/3/30  21:25

感謝!  

ミウラスポーツクラブ6年生送別大会が行われました!

結果は2勝1敗1分で準優勝でした。

優勝のかかった最後の試合、何とか監督も試合に間に合い、舞台は整った!
最高のフィナーレをイメージをしすぎただけに最後の試合は気持ちが空回りした。
最後の試合で負けを喫し、優勝を逃した。完全に監督の責任。子どもたちは最後まで頑張った!


最後は6年生らしく戦おうと送り出したが、何か子どもたちの巣立ちを感じました。監督が来るまではすごい良いサッカーが出来てたみたいで、僕が来た時には何か昔のがむしゃらな彼らの姿に戻したかったエゴが上手くハマらず、進化していた6年生には少しフィットしなかったのかな。申し訳ない!けれど、最後に監督の言われたままに動くリアクションではなく、自分たちでアクションしてサッカーをするようになった6年生に成長を感じました!その結果負けた時の涙が印象的だった。本当に自分たちで勝ちたかったんだなという強い思いがそこには見えた。


6年間を振り返って最後に大きく成長してくれたことが嬉しかった!!今年のミウラの5チームはどこも強い!本当にどこが優勝してもおかしくないくらいの素晴らしいライバルたちと最後試合できてよかった!その中での準優勝。よく頑張った!胸を張ろう!!


最後の試合なのに3年生の試合に気持ち良く背中を押して行かせてくれた6年生そしてお母さん、お父さんたちには感謝です。後輩たちが君たちが築きあげた歴史を受け継いで頑張ってくれました!学年を越えて大きな影響を与えてくれました!君たちの経験がなかったら、この結果は出せなかったと今でも深く感じています。


この代にスーパースターはいなかった。お世辞にも上手いとは言えない集団でした。勝った試合もいつも泥臭いゴールばかり!それでもチーム心一つにがむしゃらになってやってくれた結果、4年時に都大会の舞台に立つことが出来ましたね!ピッチ、雰囲気、チームはまさに夢のような環境の中に君たちが来れたことは本当に嬉しい出来事でしたね!!都大会ではなかなか通用しませんでしたね。本当に悔しい思いをしました!悔し涙も流しました。もう一度この舞台に帰ってきたい一心でまた頑張れました!


5年生の時にはまさかの2回目のベスト4入り!ハトマークではくじ運もあったなどとも言われましたが、体育の日記念では強豪チームに競り勝っての4強でした!1年前の喜びをもう一度!と思った準決勝では押して押してで点が取れず…PK負け。三決でも学園に負け。今度は4位で都大会を目の前に一歩届かず、悔しすぎる体験もしました。ベスト4からの一勝することがどれだけ難しいものかも痛感した年でした。


6年時では年間を通したU-12リーグを戦いました!もうどの試合も綱渡り!すごい苦しいリーグ戦でしたが、とにかく頑張った!勝てそうな試合で勝てなかったり、格上のチームに対してはここぞの勝負強さで競り勝ったりと本当訳の分からない代で毎回ヒヤヒヤ、ドキドキでの試合でした!それでも上位リーグ、決勝トーナメントに進出し、最後まで彼ららしく戦いました。最後の公式戦、区民大会での大二戦での奇跡の勝利も忘れられない試合になりました!


とにかく11人いつも仲が良く、ピッチ外でも暇さえあれば、いつもみんなで遊んでましたね!サッカーだけでなく、6年生はわんぱく、キャンプ、スキー、フットサルなどミウラのイベントにもたくさん参加してくれて、みんなと一緒に寝泊まりして過ごしたこともこの結束力を作った要因だったかもしれません!本当に楽しませてもらった!チームワークは練馬でNo.1でした!色んな歴史を作ってくれた6年生には感謝しています!


そして、このチームを良い時も悪い時もいつも支えて頂いたお父さん、お母さんたちにも本当に感謝しています!このサポーターなしでは子どもたちのここまでの成長はありえませんでした!僕自身もいつも背中を押してくれるお父さん、お母さんたちの存在が心強かったです!子どもたちそしてチームを温かく見守って頂きありがとうございました!


これで小学校生活のサッカーは終わりましたが、まだまだこれからがスタートだと思いますし、サッカーを続けてくれる人も多いので、また次のステージでも頑張ってほしいです!悩んだり、暇になったりしたら、また練習に顔出してくれたら、嬉しいです!最高の仲間をいつまでも大切に!何年経っても集まれる友達でいて欲しいです!みんなの次のステージの活躍を心から応援しています!6年生お疲れさま!!

保護者の皆様、長い間本当にありがとうございました!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
21



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ