2016/2/21  23:31

大二杯6年生大会  

3週連続で招待大会に参加中の6年生!

今回が第3弾、大二小SC招待の大二杯にさくら運動公園で行われました!

〈予選リーグ〉
杉並FC 4−1 ◯
大二小B 1−4 × 2位通過で上位リーグへ
クリックすると元のサイズで表示します

良くも悪くも6年生らしさが出た試合になりました。杉並FCは以前、練習試合でお世話になりました!この試合では要所要所で攻撃が機能して上手く点を取ることが出来ましたね。大二小とは区民大会以来でベガ同様でまた不二とやりたいとのことで今回招待してもらいました!ありがたい限りです(>_<)!試合はウチが先制するところまでは良いゲームが出来ましたが、1点取られてからはペース持ってかれ、後ろでのパス回し、剥がし方が上手すぎて全然取れず、雨が強く降り出す中で走らされ気がついたら4点取られてましたね笑。半々なのにこの強さは羨ましい!!この結果で下位リーグに回ると思ってましたが、得失で上回り、まさかの上位リーグで入ることが出来ました(^_^)!

〈上位リーグ〉
東大和2FC 2−2 △
大二小B 1−1 △ 準優勝〜!!
クリックすると元のサイズで表示します
奇跡的の上位リーグでまた素晴らしいチームと対戦させてもらいました!1発目は東京都主催の卒業記念MUFGカップで優勝している東大和2FC。雨にてだいぶ濡れたので午後は白ユニフォームにお着替え!気分をリフレッシュしてさあ勝負と行きたいところでしたが、先ほどの負けと予選からほぼ連戦とのことから開始早々に2失点。かなり迫力ある攻撃をしてくる相手にもう後手後手。こりゃタコ殴りのコールドゲームになりそうだと誰もが覚悟してましたが、その後は外してくれたりなんとか最後のところで踏ん張り、守ると、前半終了間際にコウタの個で1点返した!これでちょっと希望を持って後半戦えたことで、守備も集中でき、後半にはツートップの絡みからコウタのゴールで追いついた\(^o^)/奇跡の同点で終わることが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
2戦目は予選で負けた大二小B!もう3戦連戦、20分ハーフ、雨が降りしきる、芝生(-_-)ともうかなり疲労がたまり、ヘトヘトの状態。でしたが、予選で捕まえられなかった相手のボール回しを修正して、簡単には突破させないようにすると、またツートップが機能し、最後はリョウタが抜け出しのミドルレンジからのループ気味の芸術シュートが決まり先制!なんとかこのゴールでまた火をつけることが出来ましたが、後半は足が止まり全く動けず、サンドバック状態( ;´Д`)早々に失点を許し、あとは点が入らないことを祈るような展開(>_<)最後は
気持ちで守り、何とかドローで試合終了〜( ̄◇ ̄;)

この結果、内容に反してまことに恐縮ながら準優勝することが出来ました笑!まさか圧倒されてた大二小より上位で終わるというなんとも恐れ多い結果でしたが、6年生にはとても貴重な経験をさせていただきました。この日一日で1ヶ月分くらいの価値ある試合が出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしいレベルの高いチーム、そして雨の中の戦いなど、なかなか経験出来ないことをさせてもらい、招待していただいた大二小SCには本当に感謝です(>_<)!

6年生は誰が出ても大きな差がなく遜色なく戦える強みがありますね!コウタ、ミライ、リョウタとFW陣は全員得点することができ、ハルト不在でキーパーを勤めたリキヤもスーパーセーブ連発でチームを救ってくれましたね!

招待大会を経るたびにつれて、とても遅くなりましたが、この時期に来て、6年生のスタイルが確立してきました笑。いやこの時期かーい!ってツッコミたくなりますが、やっぱり6年この時期はやればやるだけ伸びる。ようやく楽しくなってきたところで、あと1ヶ月しか見れないのが寂しすぎます。卒業しても水、金の練習来て欲しいですね笑。

と同時に残りの1ヶ月で後輩たちにこれまで積み上げてきたこと、やってきたことを還元していって欲しいです。一昨年のキャプテン、コウタくんやリュウガ、アキユキたちに君たちが世話になったように下級生たちのいい手本となり、スピリッツを伝承していくことが6年生の使命です!

今回で3大会連続準優勝とネタとしては面白いですが、最後の送別大会は…!ミウラのこの代はどこも強いので、本当に最高の試合が出来るんじゃないかな!集大成です!!

保護者の皆様ありがとうございました!また、よろしくお願いします。
クリックすると元のサイズで表示します
10



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ