free ride

縦も横も乗るのが大好き!
enjoy center of gravity!

 

カレンダー

2008
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

所属研究室。 アナログ臭とハイテクな香り




研究室で相方さんが


使用している機械


UHV(ultra high vaccum)


超高真空でプラズマを用いて



クリックすると元のサイズで表示します


スパッタしてるそうです。


プラズマが発生している景色は実に美しく


きれいです。


とにかく外見もなんだか


ハイテクな香りがプンプン♪





変わって、私が使わせてもらえる


蒸着装置です。


名前は真空蒸着装置


ULVAC製のようです。
クリックすると元のサイズで表示します



この装置の中を真空に保ち、


蒸気圧の下がったところで、


金属を下から熱し、


蒸気にして


上部に取り付けられた基板へ


成膜していくわけです。


ちょうど、ヤカンの湯気が窓につく様な感じです。


ただし、その窓についた湯気は実際は


金属を扱うので


固体になります。





あ、冬に結露した窓


のほうがわかりやすいかな。


その表面は水だけでも温度や、湿度、などによっても


水の結晶のでき方は少々違うはず。


それが、金属であったら。どうでしょう。


電気、熱、化学、機械的な特性が変わってくる


らしいです。


膜の厚み、密度 材質 製膜条件などによって


未だできなかった物質を作ろうと


日々研究者の方々は築き上げているようです。


だから携帯電話とかPCとか、テレビとか


こんなに小さくなって


高性能になってしまうんですね。


自分も何か新しいものを作りたいなぁ〜


なんて、夢物語を描いて入ったのですが


だんだん知っていくうちに自身損失です。


むしろ、大きな夢物語を描いて


堂々と教授と話していた自分が


ドンだけ初心者なんだよ。ナサケナイ(笑


道のりはかなり遠そうです。


話は戻って、この真空蒸着装置はずいぶん年ネンキが入ってるけど


まだ現役w


それだけすばらしい機械なんですね。


見た目はアナログな香りがプンプンしているけど


何年たっても現役


なんだか可愛いし、いっか♪





0
投稿者:freerider
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ