うさぎを溺愛している飼主が管理するブログです (*^艸^*) なのだ=夢語でちよ=SANDY語デス。

2011/3/8

夢くん、下顎炎症。  夢)ほっぺの戦い

昨日朝からペレットは
食べてくれたものの
1/4位残しており、
何か変だなぁと思い
給水ボトルをみると
いつもに比べると
確実に減りが少ない。

深皿に水を入れてあげると
飲みはじめました。


昨夜からペレットは
ふやかしてるのしか
食べないため、
勿論牧草はまだ食べないし
●はいびつなかたちで
膜に覆われた感じだし
どう考えても毛球症だけでは
無い気持ちがして、
ずっと観察していました。

ぐったりすることはなく、
庭には自発的にでていき
●やちっこを庭でもして、
サンのケージがある部屋では
●やちっこ飛ばしをしてみたり
中途半端な元気をみせていました。


ただ、顔を含めた左側に重心をおき、
日曜夜から私が気になっていた
左下顎の腫れがどんどん範囲が広がり
少しずつ固さもでてきて
確実におかしい状態になりました。


昨夜も30分〜1時間おきに様子をみるため
夢のケージ前で寝てみましたが、
夢はリラックスすることはなく
ずっと座っていました。


今朝、通院すると、
先生も熱をもった腫れに
びっくりなさる位。

この先治療するにしても検査が必要になり
夕方4時までの間夢を預けました。


迎えにいくと、夢はじっと私を見つめ、
何かホッとした顔をしたように見えました。


結果を聞くと、
左側の腫れ部分から細胞をとってみたが
膿は溜まっておらず細菌が大量発生の状態。
日曜のレントゲンよりはるかに腫れて
熱をもった状態であること。
菌の状態から薬と点滴が必要なこと
今後の方針についてお話がありました。


炎症のため、細菌が大量発生しているが、
それに対しては長期間の治療になる。
毎日の自宅の投薬と隔日の通院により
様子をみながら治療することになりました。


膿瘍の前段階であることから、
早期発見は早期発見なんですが、
これから膿がたまる可能性は高いのが現状です。


夢のちからを信じて、
膿がたまることなく終結できればと
希望を捨てずにふたりで頑張って
いこうと夢と約束しました。


夢を待っているあいだ、
この3日間がゆめだったら…と、
現実を受け止めたくない気持ちしか
わいてきませんでした。

ですが、友人たちに励まされ、
呟きにも耳を傾けて下さる方からの
ありがたいコメントに励まされ、
検査を終えた夢と対面したら
俄然やる気に燃えてきました。


絶対絶対負けさせない。


そんな気持ちでいっぱいです。


経過は少しずつですが
携帯からUPしていこうと思います。

多分パソコンを触る時間が無いので。


夢のような症状で悩む飼い主さんが
現れたときに参考になればと思います。


ケースは様々だと思いますので、
1ケースとしてですが。


クリックすると元のサイズで表示します


夢、5歳なんだなーって、
改めて感じましたが、
長生きさせるために、
まだまだ沢山一緒にいたいから
出来る限りの努力をしたいと思います!

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ