桃色のティータイム

〜cafe aamix〜

 

 ●イラスト:pixiv
 ●Twitter:aami_x
 ●写真、日記:ほしうさ迷走記

 ◆aamixLilacNoise

 
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
にんげんさんのマンガが読めるのはジャンプした時だけ!(笑) 
ジャンプしたら、アンケ最低ラインになるまで辞めさせてもらえませんからw 
話が終っていても連載を強いられるんだ!w



「バ????ン...
マンガ本の中に閉じ込められちゃったわたしちゃんたち。
この先自分たちでお話を作って、人気トップを取らないと元の世界に戻れない!?
妖精さんたち可愛い顔してやることがえぐい^^;

結構ノリノリなY、助...
Episode 4 妖精さんたちの、さぶかる 漫画のコマに閉じ込められた私とY。次の部屋で助手さんを発見。オノマトペ、擬声語が現われれば次のコマへの ドアが現われる。非電源ゲームを取り出す助手。遊んでみるが地味でした。 助手が絵を描くと集中線が現われる。色々書くと本

aami

 

ブログより大きいサイズのイラストをPixivに掲載してます。こちらもご覧ください。
 


Amazon.co.jp


   

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別表示

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ