桃色のティータイム

〜cafe aamix〜

 

 ●イラスト:pixiv
 ●Twitter:aami_x
 ●写真、日記:ほしうさ迷走記

 ◆aamixLilacNoise

 
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
第11話 大切なトモダチ。 公式サイトからこれからも香織と友達になっていこうと決めた祐樹。 冬が訪れる中、以前香織が辛く感じた様子で立ち去った日のことが 気にかかり、その時一緒にいた九条から話を聞こうとする。 ようやく、また記憶も積み重なってきた藤宮と長谷。九
ついに全てが明らかになった香織ちゃんの記憶の謎。
真の悪党は小学校時代の女友達だったか。
九条の小学校時代がモロ今の祐樹とかぶるのがなんとも…
てゆーか、タイミングいろいろ悪すぎ

痛いのは、祐樹も九条も「特別な友達でいたい」と思うこと→災いモード発動と

aami

 

ブログより大きいサイズのイラストをPixivに掲載してます。こちらもご覧ください。
 


Amazon.co.jp


   

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別表示

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ