2013/4/2 | 投稿者: おとも

今年、息子が年長さんになりました。

クリックすると元のサイズで表示します年長さんの青い名札をつけてもらい、息子は嬉しいような照れくさいようなかんじにしていました。

3月中は、寝る前に年長さんになるお話の絵本を読んであげていました。そんな中で、息子の心の中では最年長としてがんばろうという決意があったようです。

思えば、息子が保育園に入園したのは1歳の時。当時、年長さんでとてもよくしてくれた男の子がいました。まだ何事もやってもらわなければできなかった息子と比べ、その年長さんは輝ける存在として目に映りました。

うちの子もあんな風になれるんだろうかと思っていたら、今年は息子が年長さん。とても感慨深いものがあります

がんばれ息子、がんばれ年長さん

0

2013/3/31 | 投稿者: おとも

突然ですが、を買いました。

どこのご家庭もそうかと思いますが、子供が小学生になるまでには家をどうにかしないとと思っていました。娘が生まれる前からそんな話があったもののなかなか現実とはならず。

しかし、このたびおよそ1か月程度の間に話が急展開しました。たまたま見た建売の家を気に入ったのです。

クリックすると元のサイズで表示します今のアパートから自転車で数分の距離にあったので、週末に見に行ったところ、いいかんじ。それまで建売なんてありえない程度にしか考えてなかった私たちでしたが、結果的にここに決めました。

4か月程度、モデルハウスとなっていながら買い手がつかなかったこの家。床や壁やカーテンなどの色目が淡い感じで、どことなく私たちの結婚式の披露宴会場チャペルを思わせるような気がしていました。そう思うと、運命的なものを感じたりして。

そして、さらに私が気に入ったのは、カーテンや照明、ベッド、机、ソファやテレビまでも、既に用意されているというお得感です。

経済的に助かるのはもちろんのこと、家を作るのに、内装を素敵にする自信が全くなかったので、既に素敵に仕上げていただいているということは、私にとって大変魅力的でした。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

3月は毎週メーカーとの打ち合わせをしました。打ち合わせもアパートから自転車で数分の距離だったし、打ち合わせ部屋に子供の遊び場もあったので、子連れでもどうにかなりました

クリックすると元のサイズで表示します購入の日、家を見に行くと、担当の方がお花を植えていてくれました。たったそれだけのことですが、今まで無機質だった家に、が宿ったように感じました。

振り返るとあっという間の1か月。いろいろなかたにお世話になりました。どうもありがとうございました土下座

0

2013/3/30 | 投稿者: おとも

何気なく目に止まった東京スカイツリーへのツアー、これも何かのと思い、申し込んでみました。スカイツリーをテレビで見るたび気にしていた息子とママとの、デートの一日としたいと思います。

ツアーはスカイツリトレインか始まりました。駅構内に「観光特急スカイツリーとレインが到着します」とのアナウンスが流れると、通常電車を待っているお客さんが驚いているように見えました。今日は特別なのでしょうか。その特別感に、息子も興奮を隠しきれません

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


スカイツリトレインに乗り込むと、なんとなく新車のにおい。添乗員のお姉さんによれば、車内をリフォームしたばかりなんだとか。確かに、イスも壁もテレビ(東武の駅周辺の観光CMが流れていました)も、何もかもがピカピカでした。

各席指定席ですが、一番前の車両にはフリーの座席がありました。そこに座った人は、運転手さんと同じ景色が見られます。息子はその席が気に入り、席を30分以上陣取り、夢中で景色を見ていました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


スカイツリーに到着すると、ソラカラちゃんが出迎えてくれました。ソラカラちゃん、でっかいけどとてもフレンドリー。ちびっこを見れば握手したり、ハグしたり、かわいらしさ満開

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します高速エレベーターに乗って展望台に向かいます。エレベーターは3基ありましたが、当然ながらどこも満員。順番を待って乗り込みました。なにやらアナウンスが流れ、あっという間に展望台へ到着しました。高速とはいっても時間かかるだろうと甘くみていましたが、最近の技術はほんとすごい、あっという間ですし、それほど耳はキーンともしませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


最上階から見下ろす眺めは、現実離れしています。曇りでしたが、遠くの方まで良く見え、かなり上の方まできたことを実感しました。さらに、階下を見下ろせるガラスの床があり、おっかなびっくりのぞいてみたりしました。

その後、エレベーターで下に降り、すみだ水族館に行ってみました。

私がこのツアーで一番楽しみにしていた水族館。薄暗い中の青い照明に、水も魚もきらきら照らされていました。私が今まで見た中で、一番きれいな水族館。そして、一番混雑していた水族館です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

水槽をのぞいていた息子に、エイが近寄ってきて、微笑んだように感じられました。息子も「この魚笑ってる」と、その表情を感じ取った様子。

その後、帰りの切符を買うために、東武ツーリストに寄ったところ、駅員(駅長?)さんの子供用制服があったので、息子に着せてみました。「出発、進行!No.1!」なんて言って、息子もまんざらではないご様子です

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します今日のツアーの記念に、スペーシアとりょうもう号のお箸セットを買いました。保育園に毎日ご飯とお箸を持っていきますので、これから毎日使えるはず。

朝から一日お出かけし、親子共々疲れましたが、貴重な経験をいくつもし、有意義な一日となりました。思い切って出かけてよかった。息子よ、またデートしましょ

2

2013/3/24 | 投稿者: おとも

保育園では、一年ごとに子供たちの描いた絵を、「おもいで」として一冊にまとめてくれます

うちの子たちは9月からの入園だったので、作品の数は多くはないものの、作品を見ると、がんばったね、という思いと、先生に対する感謝の気持ちとがわきあがってきます。

1歳児クラスの娘は、シールを貼ったり、スタンプを押したりして作品を作ったようです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

表紙のパンダ、多分鼻と口を自分で貼ったのでしょう。お口が上下さかさまのようで、パンダが笑顔ではなく、困ったような顔になっているところが、なんとも娘らしいような気がします。

息子は表紙が多分ひまわりですが、葉っぱが自分の足型になっていて、ダイナミック。誰が考えるのかわかりませんが、すごいアイデアに脱帽帽子です。

クリックすると元のサイズで表示します


この表紙は保育参観の時に、パパと一緒に作りました。目と口、花びらは息子がはさみで切ったようです。上手に切れるようになったね、と思うと同時に、まだ2歳くらいの時にははさみを持たせる時にすごく心配だったな、という気持ちを思い出しました。

大きい子のクラスでは、切り貼りにプラスして、クレヨンで追加して描く、といった作品が多いようです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

作品の出来はいずれにせよ、一つ一つの作品を見るたびに多くの思いがわきあがり、まさに おもいでです。

先生、毎日お世話になりました。来年度もまたよろしくお願いします
2

2013/3/24 | 投稿者: おとも

そういえば先日、子供たちの通う保育園で卒園式があり、息子と娘はおみやげとしてケーキをもらってきました。

箱の中にはかわいいケーキ。食べるのが惜しいようですが、腐らせたらもっと惜しいので食べることにしました

クリックすると元のサイズで表示します


娘には相談せず、ママがくまさんのチョコムースケーキを、娘はホワイトロールケーキを食べました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


女子は甘いものに目がありません。特に娘は甘いものが大好きです。

この日、息子は私の実家にお泊まりでしたので、実家の母と息子とで分けっこして食べたことでしょう。

来年は息子が卒園。ほんと、早いなあ・・・。

1




AutoPage最新お知らせ